エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
検索する
  • 2019年9月
             
  • 2019年10月
       
       
  • 2019年11月
             
  • 2019年12月
           
  • 2020年1月
         
     
  • 2020年2月
               
  • 2020年3月
           
  • 2020年4月
         
       
  • 2020年5月
             
               
  • 2020年6月
     
           
  • 2020年7月
         
     
  • 2020年8月
               
             
  • 2020年9月
       
         
  • 2020年10月
           
  • 2020年11月
             

2つの世界遺産めぐりと錦帯橋(宮島泊)

宮島に宿泊し、ライトアップした宮島を散策します。
嚴島神社、原爆ドームの2つの世界遺産に加えて、日本三名橋の1つ・錦帯橋を巡るプラン。グルメも楽しみ。
スタート
広島駅          岩国錦帯橋空港
↓電車で55分       ↓路線バスで12分
岩国駅          岩国駅
↓路線バスで15~25分
錦帯橋バスセンター
↓徒歩
1
1:

岩国(昼食) 『岩国寿司』

  • 岩国(昼食) 『岩国寿司』
1:

岩国(昼食) 『岩国寿司』

郷土料理100選にも選ばれた岩国寿司。岩国藩主に喜ばれたことから「殿様寿司」とも呼ばれています。
「岩国寿司食べ歩きMAP」 は、岩国市公式観光WEBサイトで
↓徒歩
2
2:

錦帯橋

  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
  • 錦帯橋
2:

錦帯橋

日本三名橋のひとつで、清流錦川に架かる木造五連のアーチ橋。
延宝元(1673)年、岩国藩主吉川広嘉によって創建され、反り橋の構造は精巧かつ独創的で、現代の橋梁工学からみても非のうちどころがないと言われています。
春は桜、夏は鵜飼いや花火の夜景、秋は紅葉、冬は雪化粧と、「錦」の名の通り、四季おりおりの色彩豊かな景観が楽しめます。
基本情報を見る 詳細ページへ
↓徒歩3分
錦帯橋バスセンター
↓路線バスで25~25分
岩国駅
↓電車で25分
宮島口
↓徒歩5分
宮島口桟橋
↓船で10分
宮島桟橋
↓徒歩20分
3
3:

大聖院

  • 大聖院
  • 大聖院
  • 大聖院
  • 大聖院
  • 大聖院
  • 大聖院
  • 大聖院
  • 大聖院
  • 大聖院
  • 大聖院
  • 大聖院
  • 大聖院
  • 大聖院
  • 大聖院
3:

大聖院

弥山の麓、嚴島神社の真裏にあり、真言宗御室派の大本山です
弥山の麓、嚴島神社の真裏にあり、真言宗御室派の大本山です。
嚴島神社の別当職として神社の祭りを掌っていました。
島内仏教信仰の中心となり、弥山の弘法大師が求聞持の秘法を修めた遺跡を管轄しています。
基本情報を見る 詳細ページへ
↓徒歩
山辺の古径巡りなど島内の散策をお楽しみください。
『宮島観光案内地図』宮島観光協会
4
4:

ライトアップした宮島散策

  • ライトアップした宮島散策
4:

ライトアップした宮島散策

その昔、平清盛は参拝の時に、松明で社殿や大鳥居、廻廊などを照らし出したこともあるといわれています。現在も日没後の嚴島神社は一斉にライトアップされ、昼間とはまた違った幻想的な景色が繰り広げられます。また、夕暮れ時から出発する遊覧船に乗れば、ほんのりと照らし出された社殿や大鳥居を見ることもできます。

日没30分後位~23時までライトアップ。(イベント等でライトアップしない日もあります)
基本情報を見る
↓徒歩
宮島(宿泊)
2日目 ホテル
↓徒歩
5
5:

嚴島神社早朝参拝

  • 嚴島神社早朝参拝
  • 嚴島神社早朝参拝
  • 嚴島神社早朝参拝
  • 嚴島神社早朝参拝
  • 嚴島神社早朝参拝
  • 嚴島神社早朝参拝
  • 嚴島神社早朝参拝
  • 嚴島神社早朝参拝
  • 嚴島神社早朝参拝
  • 嚴島神社早朝参拝
  • 嚴島神社早朝参拝
  • 嚴島神社早朝参拝
  • 嚴島神社早朝参拝
  • 嚴島神社早朝参拝
  • 嚴島神社早朝参拝
  • 嚴島神社早朝参拝
  • 嚴島神社早朝参拝
  • 嚴島神社早朝参拝
5:

嚴島神社早朝参拝

早朝6時30分より参拝ができます。
海を敷地とした大胆・ユニークな構成と寝殿造りの粋を極めた荘厳華麗な建築美は、日本有数の名社にふさわしい貫禄です。
12世紀、平清盛によって現在の姿に造営されました。
背後に広がる緑とのコントラストもまた格別な美しさです。
1996年には世界遺産に登録されました。
基本情報を見る 詳細ページへ
↓徒歩15分
宮島桟橋
↓船で10分
宮島口桟橋
↓徒歩3分
広電宮島口
↓私鉄で45分
6
6:

平和記念資料館

  • 平和記念資料館
  • 平和記念資料館
  • 平和記念資料館
  • 平和記念資料館
  • 平和記念資料館
  • 平和記念資料館
  • 平和記念資料館
  • 平和記念資料館
  • 平和記念資料館
  • 平和記念資料館
  • 平和記念資料館
  • 平和記念資料館
  • 平和記念資料館
  • 平和記念資料館
  • 平和記念資料館
  • 平和記念資料館
  • 平和記念資料館
  • 平和記念資料館
6:

平和記念資料館

広島平和記念資料館は、原子爆弾による被害の実相を世界中の人々に伝え、ヒロシマの心である核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に寄与することを目的に、1955年(昭和30年)に開館しました。
1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分、広島は世界で初めて原子爆弾による被害を受けました。まちはほとんどが破壊され、多くの人々の生命が奪われました。かろうじて生き残った人も、心と体に大きな痛手を受け、多くの被爆者が今なお苦しんでいます。
平和記念資料館は、被爆者の遺品や被爆の惨状を示す写真や資料を収集・展示するとともに、広島の被爆前後の歩みや核時代の状況などについて紹介しています。
また、被爆者による被爆体験講話会などを実施するほか、平和学習のための資料の貸出しも行っています。

【バリアフリー設備】
車いす使用者用駐車区画 貸出用車いす 車いす使用者用エレベーター 車いす使用者用トイレ
点字ブロック スロープ 自動ドア ベビーチェア
オムツ交換台
基本情報を見る 詳細ページへ
↓徒歩等
7
7:

お好み焼

  • お好み焼
7:

お好み焼

戦前から人気のあった「一銭洋食」以来、具にキャベツやそば、うどん、卵を加えるなど工夫がされ、現在の広島お好み焼が完成しました。広島市周辺内には、約2000軒のお好焼屋があります。いまや日本はもろろん、世界中の人々に親しまれ市民や観光客の人気となっています。市内中心部にある「お好み村」や「お好み共和国ひろしま村」は、広島の名所になっています。

「ひろしま観光ナビ」お好み焼特集べージはこちら

↓徒歩等
8
8:

おりづるタワー

  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
  • おりづるタワー
8:

おりづるタワー

世界遺産「原爆ドーム」の東隣に位置した施設
世界遺産「原爆ドーム」の東隣に位置した施設。
屋上展望台からは、広島市内を一望でき、晴れた日には宮島の景色まで望むことが出来ます。
被爆前、被爆後、現在の街並みの変遷を通じて、平和への願いや重みを感じることができます。
物産館やカフェも併設していますので、お買いものや休憩にも最適です。
基本情報を見る 詳細ページへ
↓徒歩1分
9
9:

原爆ドーム

  • 原爆ドーム
  • 原爆ドーム
  • 原爆ドーム
  • 原爆ドーム
  • 原爆ドーム
  • 原爆ドーム
  • 原爆ドーム
  • 原爆ドーム
  • 原爆ドーム
  • 原爆ドーム
  • 原爆ドーム
  • 原爆ドーム
  • 原爆ドーム
  • 原爆ドーム
9:

原爆ドーム

平成8年(1996年)12月、ユネスコ第20回世界遺産委員会メリダ会議で、核兵器の惨禍を伝える建築物として世界文化遺産に登録されました。
(指定範囲:原爆ドームの所在する地域/約0.39ヘクタール)
原爆ドームは、大正4年(1915年)に広島県内の物産品の展示・販売をする施設として建てられ、広島県美術展覧会や博覧会も催されていました。設立当初は 「広島県物産陳列館」という名称でしたが、その後「広島県立商品陳列所」、昭和8年(1933年)には「広島県産業奨励館」に改称されています。

設計者はチェコの建築家ヤン・レツル氏で、構造は一部鉄骨を使用した煉瓦造、石材とモルタルで外装が施されていました。全体は3階建で、正面中央部分に5 階建の階段室、その上に銅板の楕円形ドーム(長軸約11メートル、短軸約8メートル、高さ4メートル)が載せられていました。その頃の広島は、都心部のほとんどは木造2階建ての建築であり、こうした大胆なヨーロッパ風の建物は非常に珍しく、川面に映えるモダンな美しさ とあいまって広島名所の一つに数えられていました。

昭和20年(1945年)8月6日午前8時15分。人類史上最初の原子爆弾が炸裂したのは、広島県産業奨励館から南東約160メートル、高度約 600メートルのところです。爆風の圧力は1平方メートルあたり35トン、風速は440メートルという凄まじいもので、建物は爆風と熱線を浴びて大破し、 天井から火を吹いて全焼。爆風がほとんど垂直に働いたため、本館の中心部は奇跡的に倒壊を免れたものの、館内にいた人はすべて即死しています。戦後、旧産業奨励館の残骸は、頂上の円蓋、鉄骨の形から、いつしか市民から原爆ドームと呼ばれるようになりました。

昭和28年(1953年)に広島県から広島市に譲渡され、昭和41年(1966年)7月には広島市議会が原爆ドームの保存を決議を行い、その後、風化が進み、国内外での善意の募金により4回の大規模な保存工事が行われました。また、世界遺産リストへの登録を求めて、市や市議会、広範な市民運動の結果、平成7年(1995年)6月に国の史跡に指定され、文化庁からユネスコに登録申請。平成8年(1996年)12月、世界文化遺産へ登録されました。

現在では、被爆当時の惨状を残す姿がノーモア・ヒロシマの象徴として、時代を越えて核兵器の廃絶と恒久平和の大切さを世界へ訴えるシンボルになっています。

※なお、原爆ドーム内部に立ち入ることはできません。入場できる施設ではありませんので、外からの見学になります。

■モデルコース
半日コース
>>世界遺産原爆ドーム/広島がわかるコース/水の都散策コース
1日コース
>>広島満喫コース/水の都と世界遺産満喫コース/被爆の歴史をたどるコース/文化の道散策コース/個性派建築物めぐりコース
2日コース
>>ふたつの世界遺産/広島・宮島・岩国コース

■ボランティアガイド
>>広島市観光ボランティアガイド協会/観光アシスタントひろしま/ヒロシマピースボランティア
基本情報を見る 詳細ページへ
↓徒歩1 分  または  ↓徒歩5分
原爆ドーム前      広島バスセンター
↓私鉄で15分       ↓リムジンバスで50分
JR広島駅⑩       広島空港⑪
10
10:

JR広島駅

  • JR広島駅
  • JR広島駅
  • JR広島駅
  • JR広島駅
  • JR広島駅
  • JR広島駅
  • JR広島駅
  • JR広島駅
  • JR広島駅
  • JR広島駅
  • JR広島駅
  • JR広島駅
  • JR広島駅
  • JR広島駅
  • JR広島駅
  • JR広島駅
  • JR広島駅
  • JR広島駅
  • JR広島駅
  • JR広島駅
10:

JR広島駅

広島の表玄関
広島の表玄関JR広島駅。
駅前広場は待ち合わせの場所として、時間を問わず多くの人でにぎわっています。
広島駅の南側は、1999年に架け替えた駅前大橋や、同年にオープンした「エールエールA館」など大きく様変わりしています。
市内中心部には有名な観光スポットもたくさんあります。
1894年6月10日開業されました。
基本情報を見る 詳細ページへ
11
11:

広島空港

  • 広島空港
  • 広島空港
  • 広島空港
  • 広島空港
11:

広島空港

国内5(2003年8月1日から成田空港線が就航)、国際5の定期航空路線を持つ中・四国最大の拠点空港です。空港ターミナルビルには、旅の楽しさを発見するグルメ街やショッピングモール、内外の多彩なエアラインの飛行機が目前に見え「見学デッキ」、文化、芸術のうるおい空間「エアポートギャラリー」などが揃っています。
基本情報を見る 詳細ページへ
ゴール