エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
検索する
  • 2019年4月
     
           
  • 2019年5月
         
     
  • 2019年6月
               
               
  • 2019年7月
     
         
  • 2019年8月
           
  • 2019年9月
             
  • 2019年10月
       
       
  • 2019年11月
             
  • 2019年12月
           
  • 2020年1月
         
     
  • 2020年2月
               
  • 2020年3月
           

《終了しました》特別展『吉村芳生-超絶技巧を超えて』【奥田元宋・小由女美術館】

現代アート界の異色の画家・吉村芳生の画業

鉛筆を使ってひと文字ずつ描き写された新聞の一面や、一年間の自らの顔を描いた365枚の自画像など、途方もない時間と気の遠くなるような作業の集積によって、「超絶技巧」を超えた独自の作品を描き出した吉村芳生の画業をご紹介します。
1950年、山口県防府市に生まれた吉村は山口芸術短期大学を卒業後、広告代理店勤務を経て1976年に上京、創形美術学校にて版画を学び在学中から公募展、国際展などに積極的に出品します。1985年からは現在の山口市徳地に居を移し、山口県美術展などを中心に出品を重ねます。2007年に開催された「六本木クロッシング2007:未来への脈動」(森美術館)への出品によって全国的に脚光を集めるようになりましたが、2013年に病により惜しまれつつ早逝しました。
大規模な回顧展となる本展では、初期のモノクロームによる「ドローイング写真」のシリーズや、代表的なシリーズとなる「新聞と自画像」の一連の作品、色鉛筆によって克明に描きこまれたコスモス畑やフジの花など、代表作を含むおよそ60件の作品を一挙にご紹介します。ひたむきに描き続け、走り続けた画家・吉村芳生。その軌跡をぜひ会場でご覧ください。

茶室「待月庵」呈茶開催

展覧会期中の土・日・祝日を中心に呈茶サービスを行います(有料)

基本情報

開催期間 2019年2月22日(金)~2019年4月7日(日)
開催時間 9:30~17:00※入館は閉館の30分前まで
※3月21日(木・祝)は21:00まで延長
開催場所 企画展示室
住所 〒728-0023 広島県三次市東酒屋町10453-6
電話番号 0824-65-0010
定休日/休業日 2019年3月13日(水)
料金 ●一般:1,000(900)円
●ペアチケット〔一般男女のペアのみ〕:1,800円(2名分)
●高校・大学生:500(400)円
●中学生以下:無料
※( )内は20名以上の団体料金および前売料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者健康福祉手帳をお持ちの方は観覧料無料
※学生の方は学生証のご提示をお願いします
アクセス 【自動車】
●中国自動車道・三次I.Cから2.5km程度-車で約3分(広島I.Cから三次I.Cまで高速道で76km程度)
●中国横断自動車道尾道松江線・三次東I.Cから9km程度-車で約15分
●広島空港から60km程度-車で約70分 ※三次⇔広島空港連絡バス運行中
●JR三次駅から5km程度-車(タクシー)で約10分
駐車場 乗用車:240台/バス:10台
ウェブサイト 奥田元宋・小由女美術館(外部サイトへリンク)

周辺観光情報

ここに近いお好み焼店

ここに近い道の駅

ここに近い宿泊施設