エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
検索する
現在の検索条件:
  • 展示・展覧会×
  • 2021年10月
             
               
  • 2021年11月
     
           
  • 2021年12月
         
     
  • 2022年1月
               
             
  • 2022年2月
       
             
  • 2022年3月
       
       
  • 2022年4月
             
  • 2022年5月
           
  • 2022年6月
         
       
  • 2022年7月
             
               
  • 2022年8月
     
         
  • 2022年9月
           
     
  • 2022年10月
               
             
  • 2022年11月
       
         
  • 2022年12月
           
20ありました

開催期間:2020年10月下旬~2020年11月中旬

リアルなかかしをご覧ください

一般募集したかかしの展示により工夫を凝らした様々なかかしが上下の秋を彩り、四季の里では紅葉も楽しめます。 最終日には、きて皆祭を開催、宝探しや新そば早食い競争、屋台、物づくり体験やお楽しみ大抽選会など、楽しい催…

開催期間:毎週日曜日

新型コロナウイルスの拡大防止のため、当面の間、中止とさせていただきます

実際に使用している海上自衛隊呉地方総監部庁舎と、現役で任務にあたっている1隻の艦船を、日曜日に一般公開しています。 「呉地方総監部 第1庁舎一般公開」 帝国海軍呉鎮守府庁舎として戦前から使用されていた建物…

開催期間:2021年10月23日(土)~11月14日(日)

まちのどこかで、あなたとゲンビが、ふとであう。

「どこかで?ゲンビ」の一環として広島市現代美術館のコレクションを紹介するサテライト展示を、今年度は市内5つの文化施設(ヌマジ交通ミュージアム、広島城、5-Daysこども文化科学館、広島市江波山気象館、広島市郷土資…

開催期間:2021年10月30日(土)~11月14日(日)

まちのどこかで、あなたとゲンビが、ふとであう。

「どこかで?ゲンビ」の一環として広島市現代美術館のコレクションを紹介するサテライト展示を、今年度は市内5つの文化施設(ヌマジ交通ミュージアム、広島城、5-Daysこども文化科学館、広島市江波山気象館、広島市郷土資…

開催期間:2021年9月18日(土)~2022年1月16日(日)

広島駅のショーウィンドウが作品展示スペースに!

美術館が改修工事にともなう休館のあいだ、広島駅南口地下広場のショーウィンドウで作品展示を行います。今回紹介するのは、広島を拠点に活動する丸橋光生。視覚と認識をテーマに作品を制作する丸橋が「イメージと文字」シリーズ…

開催期間:2021年8月21日(土)~11月中旬(終了日未定)

広島県内の美術館6館が連携し、紙屋町シャレオのストリートをシャッターアートで彩ります!

この度、泉美術館、ウッドワン美術館、海の見える杜美術館、奥田元宋・ 小由女美術館、広島市現代美術館、ひろしま美術館の6 館が連携し、広島市中心部の地下ショッピング街 紙屋町シャレオの南通りにて、「シャッターアート…

開催期間:2021年10月15日(金)~2021年11月28 日(日)

  

2018年に広島ゆかりの陶芸家として初となる文化勲章受章者となった今井政之(1930-)は、土という素材の魅力を最大限に引き出しながら、身近にある自然や素材を作品に取り入れた新たな表現へと果敢に挑んできました。 …

開催期間:■第20回世界バラ会議福山大会2025: 2025年5月18日(日)~5月24日(土) 7日間  【プレツアー: 2025年5月11日(日)~5月16日(金)】  【ポストツアー: 2025年5月25日(日)~5月30日(金)】 ■Rose Expo FUKUYAMA 2025: 2025年5月17日(土)~5月24日(土) 8日間(予定)

 

2025年(令和7年)5月に「第20回世界バラ会議福山大会2025」が開催されます! 広島県東部に位置する福山市は「100万本のばらのまち」として有名です。 その福山市で,2025年(令和7年)に世界4…

開催期間:2021年6月18日(金)~ 11月23日(火・祝)

芸術家による創作としか思えないほど美しい甲殻類を、まるで美術館にいるかのような会場で鑑賞いただける水…

芸術家による創作としか思えないほど美しい甲殻類を、まるで美術館にいるかのような会場で鑑賞いただける水族館とアートが融合した企画展です。 色彩が鮮やかなエビやカニなどの甲殻類をメイン展示とし、日本画と甲殻類をテー…

開催期間:2021年11月30日(火)~12月26日(日)

まちのどこかで、あなたとゲンビが、ふとであう。

「どこかで?ゲンビ」の一環として広島市現代美術館のコレクションを紹介するサテライト展示を、今年度は市内5つの文化施設(ヌマジ交通ミュージアム、広島城、5-Daysこども文化科学館、広島市江波山気象館、広島市郷土資…

開催期間:2021年2月20日(土)~2021年3月21日(日)

各商店や資料館に雛人形を展示し、通りには餅花を飾ります

明治から昭和にかけて、「でこ」と呼ばれるひな人形を買うお客で賑わっていた上下町。 歴史的な町並みのなかで、江戸時代から平成の時代を繋ぐひな人形が展示されます。 時代を繋ぐたくさんのおひなさまを、町歩きとあわせ…

開催期間:2021年10月8日(金)~12月5日(日)

マイセンも憧れた日本の磁器

今からおよそ400年前に生まれ、その多種多様な様式と完成度で国内外の人々を魅了した伊万里焼。本展では、古伊万里研究の最前線をゆく佐賀県立九州陶磁文化館の名品を中心に、黎明期から最盛期、さらに近年評価が高まっている…

開催期間:2021年11月23日(火・祝)~12月19日(日)

まちのどこかで、あなたとゲンビが、ふとであう。

「どこかで?ゲンビ」の一環として広島市現代美術館のコレクションを紹介するサテライト展示を、今年度は市内5つの文化施設(ヌマジ交通ミュージアム、広島城、5-Daysこども文化科学館、広島市江波山気象館、広島市郷土資…

開催期間:2021年10月8日(金)~2022年1月16日(日)

まちのどこかで、あなたとゲンビが、ふとであう。

美術館が改修工事にともなう休館のあいだ、平和大通り沿いにあるヱビデンギャラリーにて作品展示をおこないます。その第1弾として、広島市を拠点に活動する松本千里を紹介。元来は布を染めるための技法である「絞り」によって布…

開催期間:2020年2月22日(土)~2020年3月22日(日)

七段飾り、御殿飾りなど豪華な雛飾りが見られます

江戸時代の風情が残る鞆町内の商店や町家に代々伝わる雛人形が町中に展示されます。 鞆の浦歴史民俗資料館、国重要文化財の太田家住宅や市重要文化財の鞆の津の商家、町家など約100ヶ所。 江戸時代末期の「七段飾り」、…

開催期間:2021年10月7日(木)~11月28日(日)

まちのどこかで、あなたとゲンビが、ふとであう。

「どこかで?ゲンビ」の一環として広島市現代美術館のコレクションを紹介するサテライト展示を、今年度は市内5つの文化施設(ヌマジ交通ミュージアム、広島城、5-Daysこども文化科学館、広島市江波山気象館、広島市郷土資…

開催期間:2021年5月1日(土)~2022年3月頃

比治山公園内の看板やフェンスに作品登場!そして街中を走るトラックにも横山作品が!

疾走感のある描線や独特なキャラクターたちの繰り広げるナンセンスな会話等で「ネオ漫画」とも称される横山裕一の作品が、比治山公園に点在する看板や工事のための通行止めフェンスなどに登場。さらに、比治山を飛び出して市内の…

開催期間:8月29日(土)~10月25日(日)

様々な「顔」を持つ片岡鶴太郎を多様な手法で表現する

芸人・俳優・画家・書家・ボクサー・ヨガマスターなど、様々な「顔」を持つ片岡鶴太郎。「私にさまざまな『顔』ができたのは、自分の魂が歓喜することを続けた結果である」と語る鶴太郎の画業25周年・芸能生活45周年を記念し…

開催期間:2020年2月29日(土)~2020年4月12日(日)

享保びなから平成までのひな人形が展示されます

出口通りに、享保びなから現在のものまで展示します。 ゆっくり歩いて自然を感じながら、大小様々のおひな様をお楽しみください。 又、和小物の販売や着物の展示も行います。 他にも、色々なイベントを用意しております…