39ありました

千光寺山ロープウェイ山麓駅のすぐ横にある艮神社は、映画「時をかける少女」のロケ地としても知られる尾道…

千光寺山ロープウェイ山麓駅のすぐ横にある艮神社は、映画「時をかける少女」のロケ地としても知られる尾道では一番古い神社であり、この辺りの鎮守さまです。本殿の回りには樹齢900年といわれる県の天然記念物の大きな楠が茂…

毛利氏の祈願所

郡山の麓にあり、郡山築城以前から祇園社として存在していました。正中2(1325)年以後の棟札(むなふだ)が全て現存し、社宝(しゃほう)も多くあります。戦国時代には毛利氏に篤く信仰されました。 現在の社殿は元禄7…

久井稲生神社は、伏見稲荷大社の分霊としては最も古いものです。戦国時代に勇気と知略で西国を統一した毛利…

久井稲生神社は、伏見稲荷大社の分霊としては最も古いものです。戦国時代に勇気と知略で西国を統一した毛利元就は、神仏への崇敬の念も厚く、弘治3年(1575年)に本殿を造営し、3年後の永録3年(1560年)には、元就の…

五穀豊穣・家内安全・武運長久の守り神として崇められてきた氏神様

文応元年(1260年)より坂村に鎮座されたといわれ、古くから五穀豊穣・家内安全・武運長久の守り神として崇められてきた氏神様です。 石段の最上部にある一対の石造の唐獅子は、文政9年(1826年)に奉納された古いも…

嚴島神社よりも前に創建されたという伝承がある古社

大元公園の入口にある神社で、六枚重三段葺という現存する建物の中では唯一の板葺屋根が特徴となっています。毎年1月20日にはこの神社の神前で弓始にあたる百手祭(ももてさい)が古式そのままに執り行われています。また毎年…

旧社号を若一王子神社と称す当熊野神社は紀元440年頃に雄略天皇が創建したと伝えられる。由緒は社蔵古文…

旧社号を若一王子神社と称す当熊野神社は紀元440年頃に雄略天皇が創建したと伝えられる。由緒は社蔵古文書「若一王子権現古證記」に記され、足利尊氏による社殿修造の記録も残る。神仏分離により明治3年今の社名に改められる…

三原駅から国道2号を東へ約3キロメートル行った国道沿いにあります。神功皇后が西征の帰途、船を寄せられ…

三原駅から国道2号を東へ約3キロメートル行った国道沿いにあります。神功皇后が西征の帰途、船を寄せられた際に水を献じたという故事によって、この地を井戸崎(後に糸崎)といい、郡を水調(後に御調)と称した縁により天平元…

平家納経をはじめとした貴重な美術工芸品を収蔵

嚴島神社では平安時代末期に現在の規模の社殿が造営されて以来、奉納された数々の美術工芸品や史料などを所蔵しています。 装飾経の白眉といわれる平家納経をはじめ、刀剣類、鎧兜、能・舞楽の装束や面、絵扇、絵馬、絵画など…

北広島町大朝岩戸の八栄神社の参道に大小2本のヒノキがあります。 大きいヒノキは胸高周囲約6m、樹高…

北広島町大朝岩戸の八栄神社の参道に大小2本のヒノキがあります。 大きいヒノキは胸高周囲約6m、樹高約25m、小さいヒノキは、胸高約4m、樹高約29mで 2本とも広島県内でも有数の巨樹です。 2株とも、支根の…

この神社は、承平3年(933)に九州の宇佐八幡宮から勧請されたとされる古い神社です。正徳5年(171…

この神社は、承平3年(933)に九州の宇佐八幡宮から勧請されたとされる古い神社です。正徳5年(1715)に火災に遭って宝物や古文書を焼き、正確な縁起を知ることはできませが、現在の神殿は、享保9年(1724)に、5…

孝霊天皇の御代(BC115年)に創建と言われ、境内には樹齢1200年以上と言われる御神木・ホルトの木…

孝霊天皇の御代(BC115年)に創建と言われ、境内には樹齢1200年以上と言われる御神木・ホルトの木があります。昔から災難除けの神として、多くの戦国武将が戦勝祈願に訪れ、武具を献じています。それらの一部は神社に隣…

嚴島神社の社殿を造営して現在の規模に築きあげ、宮島を今日の隆盛に導いた平清盛の偉績をたたえ、その霊を…

嚴島神社の社殿を造営して現在の規模に築きあげ、宮島を今日の隆盛に導いた平清盛の偉績をたたえ、その霊を慰めるために昭和29年に建てられた神社です。

創建は治歴元年(1065年)と伝えられる、神石高原町役場近くにある神社です。山城国(今の京都府八幡市…

創建は治歴元年(1065年)と伝えられる、神石高原町役場近くにある神社です。山城国(今の京都府八幡市)から本殿全国の三大八幡宮の一社、石清水八幡宮の御分霊を勧請したのがはじまりとされています。本殿の大きさは、郡内…

貞観3(861)年に勧請され、創建されたと伝わる由緒のある神社です。毎年10月の第1日曜日には大祭が…

貞観3(861)年に勧請され、創建されたと伝わる由緒のある神社です。毎年10月の第1日曜日には大祭が開かれ、そこで行われる神賑行列は市重要無形民俗文化財に指定されています。 また、境内には神社のある風早地区が、…

神話ゆかりの地です。神武天皇(じんむてんのう、初代天皇)が日本を平定する旅の途中、立ち寄られた所と伝…

神話ゆかりの地です。神武天皇(じんむてんのう、初代天皇)が日本を平定する旅の途中、立ち寄られた所と伝わります。『古事記』では阿岐国(安芸国、あきのくに)の多祁理宮(たけりのみや)に七年滞在されたと記述され、『日本…

本殿は享保8年(1723),拝殿は明和元年(1764)に建設されました。伝承によると,昔,近くの磯に…

本殿は享保8年(1723),拝殿は明和元年(1764)に建設されました。伝承によると,昔,近くの磯に夜な夜な光るものがあり,漁夫が引き上げてみると蛭子の御神像であったのでこれを持ち帰り祀ったことが始まりだといわれ…

吉川氏が大朝本庄に定住する以前からあった古い神社ですが、 現在の本殿は1757(天正3)年に吉川元…

吉川氏が大朝本庄に定住する以前からあった古い神社ですが、 現在の本殿は1757(天正3)年に吉川元春・元長父子が再建したものです。 三間社芸備造り、屋根は流れ造り、銅板葺き。 龍山八幡神社本殿を小さくしたよ…

1313(正和2)年吉川氏が大朝本庄地頭として入封のおり、 駿河国吉川村(現静岡県清水市)から勧請…

1313(正和2)年吉川氏が大朝本庄地頭として入封のおり、 駿河国吉川村(現静岡県清水市)から勧請した神社。 現在の本殿は1558(永禄元)年に吉川元春が再建したものです。 本殿は県下では嚴島神社につぐ室町…