39ありました

海を敷地とした大胆・ユニークな構成と寝殿造りの粋を極めた荘厳華麗な建築美は、日本有数の名社にふさわし…

海を敷地とした大胆・ユニークな構成と寝殿造りの粋を極めた荘厳華麗な建築美は、日本有数の名社にふさわしい貫禄です。12世紀、平清盛によって現在の姿に造営されました。背後に広がる緑とのコントラストもまた格別な美しさで…

大元公園の入口にある神社で、六枚重三段葺という現存する建物の中では唯一の板葺屋根が特徴となっています…

大元公園の入口にある神社で、六枚重三段葺という現存する建物の中では唯一の板葺屋根が特徴となっています。毎年1月20日にはこの神社の神前で弓始にあたる百手祭が古式そのままに執り行われています。

日本三大酒神の一人、大山昨神を祀る京都嵐山の松尾大社から分霊を受け、西条酒蔵組合が昭和11年にこの地…

日本三大酒神の一人、大山昨神を祀る京都嵐山の松尾大社から分霊を受け、西条酒蔵組合が昭和11年にこの地に建立しました。境内社殿には、各蔵元の酒樽が豪勢に並んでいます。 西条酒蔵通りにもほど近く、酒蔵通りの蔵元見学…

文応元年(1260年)より坂村に鎮座されたといわれ、古くから五穀豊穣・家内安全・学問とスポーツの守り…

文応元年(1260年)より坂村に鎮座されたといわれ、古くから五穀豊穣・家内安全・学問とスポーツの守り神として崇められてきた氏神様です。石段の最上部にある一対の石造の唐獅子は、文政9年(1826年)に奉納された古い…

旧社号を若一王子神社と称す当熊野神社は紀元440年頃に雄略天皇が創建したと伝えられる。由緒は社蔵古文…

旧社号を若一王子神社と称す当熊野神社は紀元440年頃に雄略天皇が創建したと伝えられる。由緒は社蔵古文書「若一王子権現古證記」に記され、足利尊氏による社殿修造の記録も残る。神仏分離により明治3年今の社名に改められる…

北広島町大朝岩戸の八栄神社の参道に大小2本のヒノキがあります。 大きいヒノキは胸高周囲約6m、樹高…

北広島町大朝岩戸の八栄神社の参道に大小2本のヒノキがあります。 大きいヒノキは胸高周囲約6m、樹高約25m、小さいヒノキは、胸高約4m、樹高約29mで 2本とも広島県内でも有数の巨樹です。 2株とも、支根の…

通称「一宮(いっきゅう)」神社と呼ばれ、正式名称は吉備津彦神社。11月3日には、「ベタ」「ソバ」「シ…

通称「一宮(いっきゅう)」神社と呼ばれ、正式名称は吉備津彦神社。11月3日には、「ベタ」「ソバ」「ショーキー」と呼ばれる鬼の面をつけた氏子が子供を追い回す祭りが開催されます。氏子が持つササラ竹や祝い棒でたたかれる…

本神は今より1200余年前の天平宝年間に勧請,祭神は応神天皇を主神とし神功皇后,玉依姫命の二柱を合祀…

本神は今より1200余年前の天平宝年間に勧請,祭神は応神天皇を主神とし神功皇后,玉依姫命の二柱を合祀している。中世戦乱により神社は一時矢野に還されたが永禄三年(1560)矢野の尾崎神社より渡子に遷座し,その後当神…

嚴島神社の社殿を造営して現在の規模に築きあげ、宮島を今日の隆盛に導いた平清盛の偉績をたたえ、その霊を…

嚴島神社の社殿を造営して現在の規模に築きあげ、宮島を今日の隆盛に導いた平清盛の偉績をたたえ、その霊を慰めるために昭和29年に建てられた神社です。

吉川氏が大朝本庄に定住する以前からあった古い神社ですが、 現在の本殿は1757(天正3)年に吉川元…

吉川氏が大朝本庄に定住する以前からあった古い神社ですが、 現在の本殿は1757(天正3)年に吉川元春・元長父子が再建したものです。 三間社芸備造り、屋根は流れ造り、銅板葺き。 龍山八幡神社本殿を小さくしたよ…

町内では,亀山八幡神社とともに古い歴史をもつ神社。 応永年間に奉納れた獅子の彫刻が所蔵されている。…

町内では,亀山八幡神社とともに古い歴史をもつ神社。 応永年間に奉納れた獅子の彫刻が所蔵されている。 境内には,樹鈴600年以上の大絵がある。 創建時代は南北朝以前と伝えられている。

日本総鎮守と呼ばれる大山祇神社。全国に一万社あまりの分社を持ち、古くから多くの信仰を集めてきました。…

日本総鎮守と呼ばれる大山祇神社。全国に一万社あまりの分社を持ち、古くから多くの信仰を集めてきました。 境内中央には樹齢約2,600年の神木である大楠が鎮座している。宝物館には国宝・重要文化財に指定された鎧・兜・…

この神社の境内には、高さおよそ5mはあろう見事な灯籠や、力自慢の沖仲士たちが抱え上げ力競べをした力石…

この神社の境内には、高さおよそ5mはあろう見事な灯籠や、力自慢の沖仲士たちが抱え上げ力競べをした力石が残っています。また、神社の横には再築された雁木があり、港町尾道の住時をしのばせています。

神話ゆかりの地です。神武天皇(じんむてんのう、初代天皇)が日本を平定する旅の途中、立ち寄られた所と伝…

神話ゆかりの地です。神武天皇(じんむてんのう、初代天皇)が日本を平定する旅の途中、立ち寄られた所と伝わります。『古事記』では阿岐国(安芸国、あきのくに)の多祁理宮(たけりのみや)に七年滞在されたと記述され、『日本…

明治以前は山王社と呼ばれていました。佐伯鞍職、岩木翁、所翁等をお祀りしています。毎年10月23日にお…

明治以前は山王社と呼ばれていました。佐伯鞍職、岩木翁、所翁等をお祀りしています。毎年10月23日にお祭りがあり、舞楽が奉納されています。

本殿は享保8年(1723),拝殿は明和元年(1764)に建設されました。伝承によると,昔,近くの磯に…

本殿は享保8年(1723),拝殿は明和元年(1764)に建設されました。伝承によると,昔,近くの磯に夜な夜な光るものがあり,漁夫が引き上げてみると蛭子の御神像であったのでこれを持ち帰り祀ったことが始まりだといわれ…

貞観3(861)年に勧請され、創建されたと伝わる由緒のある神社です。毎年10月の第1日曜日には大祭が…

貞観3(861)年に勧請され、創建されたと伝わる由緒のある神社です。毎年10月の第1日曜日には大祭が開かれ、そこで行われる神賑行列は市重要無形民俗文化財に指定されています。 また、境内には神社のある風早地区が、…