61ありました

毛利氏、福島氏、浅野氏と城主を変えながら広島藩の拠点となった城

広島城は、1589年に豊臣秀吉の五大老の一人として知られる毛利輝元によって築城されました。同時に城下町の建設も進められ、関ヶ原の合戦後、毛利氏に代わって入城した福島正則は、広島城の整備をさらに進め、西国街道を町人…

【国史跡・日本100名城】標高390m 比高190m 東西1.1km 南北0.9km 戦国武将毛…

【国史跡・日本100名城】標高390m 比高190m 東西1.1km 南北0.9km 戦国武将毛利元就が居城とした郡山城は、可愛川えのかわと多治比川たじひがわの合流点の北側に位置し、吉田盆地を見渡す場所に築か…

全国でもめずらしい城型の水軍資料館

昭和58年、水軍のふるさと因島に築城された、全国でもめずらしい城型の水軍資料館です。 村上水軍は南北朝から室町戦国時代にかけて、この辺りの海路を制覇し、水軍王国として活躍しました。 八幡大菩薩の旗を掲げ、朝鮮…

初代藩主吉川広家によって1608年に作られた三層四階の桃山風南蛮造りの山城で、眼下を流れる錦川を天然…

初代藩主吉川広家によって1608年に作られた三層四階の桃山風南蛮造りの山城で、眼下を流れる錦川を天然の外堀にし、標高約200メートルの城山山頂に位置していました。 しかし、築城後8年で一国一城制により取り壊され…

応仁の乱、その激しい戦ぶりから「鬼吉川」と恐れられた吉川(きっかわ)氏の本拠。石見(いわみ)国(島根…

応仁の乱、その激しい戦ぶりから「鬼吉川」と恐れられた吉川(きっかわ)氏の本拠。石見(いわみ)国(島根県西部)に本拠を置いていた吉川経見(つねはる)が、新庄に移し15世紀前半に本城としたとされ、以後1545年に興経…

毛利元就の三男小早川隆景は、12歳で竹原小早川の城主となりました。その後、沼田小早川を相続し二つの小…

毛利元就の三男小早川隆景は、12歳で竹原小早川の城主となりました。その後、沼田小早川を相続し二つの小早川氏をまとめました。1年後、副塁としていた沼田川対岸の砦を修築し“新高山城”を築き、約45年間本拠として使いま…

県下最大の前方後円墳をはじめとする3基の古墳からなる古墳群で、国の史跡に指定されています。この前方後…

県下最大の前方後円墳をはじめとする3基の古墳からなる古墳群で、国の史跡に指定されています。この前方後円墳は、出土品や規模などから5世紀前半(412年ごろ)の築造と推定され、その被葬者は安芸の南部を中心とした首長と…

広島市森林公園内の鷹の条山に、毛利元就時代の山城を再現した展望台が1997年にオープンしました。時代…

広島市森林公園内の鷹の条山に、毛利元就時代の山城を再現した展望台が1997年にオープンしました。時代考証に基づき、高さ10メートルの本丸をはじめ二の丸、三の丸、番小屋、櫓門、冠木門で構成されています。中世の山城の…

山頂からは、眼下に美しい海岸線とむき出しの茶色の岩肌、緑の樹林が織りなす造形美が眼下に広がり、晴れた…

山頂からは、眼下に美しい海岸線とむき出しの茶色の岩肌、緑の樹林が織りなす造形美が眼下に広がり、晴れた日には遠く四国の山影までも望めます。山頂付近は遊歩道がありハイキングコースにも適しています。標高は228mです。

北広島町大朝新庄盆地の南に位置する日野山(標高705m、比高300m)の山頂に築かれた大規模な山城。…

北広島町大朝新庄盆地の南に位置する日野山(標高705m、比高300m)の山頂に築かれた大規模な山城。 1550(天文19)年に吉川元春が入城してから 三男広家が1591(天正19)年に居城を出雲の富田月山城に…

福原城とも鈴尾城とも呼ばれ、福原広世が築城し、以来福原氏の居城でした。城の東側斜面に居館跡と伝える広…

福原城とも鈴尾城とも呼ばれ、福原広世が築城し、以来福原氏の居城でした。城の東側斜面に居館跡と伝える広大な平坦部があります。元就の母は福原広俊の娘で、元就は母の里で生まれたという説があり、ここに毛利元就誕生の碑が建…

永禄10年(1567年)毛利元就の子、小早川隆景が新たな拠点とするため、沼田川河口の大島・小島をつな…

永禄10年(1567年)毛利元就の子、小早川隆景が新たな拠点とするため、沼田川河口の大島・小島をつないで三原城を築きました。海に浮かんでいるように見え、“浮城”とよばれ、日本で最初に海の中から立ち上げた高石垣があ…

この城館跡は室町・戦国時代(15~16世紀)に今田氏が拠った北広島町今田の谷の最奥部に位置する城館遺…

この城館跡は室町・戦国時代(15~16世紀)に今田氏が拠った北広島町今田の谷の最奥部に位置する城館遺構である。 城郭は今田の谷の最奥部南側に今田川を臨む標高461m(比高110m)の最高所から南東側に延びる尾根…

郡山城から北西4キロメートルに位置し、毛利元就が4才の時、父弘元に連れられ本城郡山城から移り、27才…

郡山城から北西4キロメートルに位置し、毛利元就が4才の時、父弘元に連れられ本城郡山城から移り、27才で郡山城の本家相続までの青少年期をすごした城です。本丸は標高376メートル、比高120メートル、本丸の南側には土…

毛利元就が陶氏との合戦にそなえ築城したもので小丘の最高部(27.1m)に本丸,東に二の丸西北・西南の…

毛利元就が陶氏との合戦にそなえ築城したもので小丘の最高部(27.1m)に本丸,東に二の丸西北・西南の尾根に出丸を持つ。厳島合戦の前哨戦で陶軍の攻撃にたえ毛利軍圧勝の要因を作った城。島内にはこの合戦関係の遺跡が各所…

西条盆地のほぼ中央、標高260~330mにある城跡は、山頂に御殿場をおき、中のダバ、下のダバ、畝状竪…

西条盆地のほぼ中央、標高260~330mにある城跡は、山頂に御殿場をおき、中のダバ、下のダバ、畝状竪堀群、井戸などの遺構が大変良好に残っている中世山城で、国の史跡に指定されています。 室町期に山口の大内氏により…

尾道水道が狭くなる向島の西北,かつての小島に城跡があり,海抜26.4mの最高所を中心に数段の郭城があ…

尾道水道が狭くなる向島の西北,かつての小島に城跡があり,海抜26.4mの最高所を中心に数段の郭城がある。瀬戸内交通の要港尾道を望む向島を得た因島村上氏は,商業資本家的性格をのばす好機として余崎城と共に築き,村上尚…

鎌倉,室町時代を通じて小早川氏が本拠とした山城で,標高190 mの山上は広大で本丸,北の丸,太鼓の丸…

鎌倉,室町時代を通じて小早川氏が本拠とした山城で,標高190 mの山上は広大で本丸,北の丸,太鼓の丸,千畳敷などの遺構や裏木戸に当る犬通しの石垣が旧観をとどめている。  ― 「平成21年度版 広島県観光便覧」よ…