64ありました

毛利氏、福島氏、浅野氏と城主を変えながら広島藩の拠点となった城

広島城は、1589年に豊臣秀吉の五大老の一人として知られる毛利輝元によって築城されました。同時に城下町の建設も進められ、関ヶ原の合戦後、毛利氏に代わって入城した福島正則は、広島城の整備をさらに進め、西国街道を町人…

新幹線のホームから間近に見える全国的にも珍しい城

徳川家康のいとこである水野勝成が備後10万石の領主として入封、築城し、当時、石高に比して破格の規模を誇った福山城。 廃藩置県まで藩政の中心でした。 現在、城郭の中に、天守閣、月見櫓、御湯殿などさまざまな建造物…

初代藩主吉川広家によって1608年に作られた三層四階の桃山風南蛮造りの山城で、眼下を流れる錦川を天然…

初代藩主吉川広家によって1608年に作られた三層四階の桃山風南蛮造りの山城で、眼下を流れる錦川を天然の外堀にし、標高約200メートルの城山山頂に位置していました。 しかし、築城後8年で一国一城制により取り壊され…

【国史跡・日本100名城】標高390m 比高190m 東西1.1km 南北0.9km 戦国武将毛…

【国史跡・日本100名城】標高390m 比高190m 東西1.1km 南北0.9km 戦国武将毛利元就が居城とした郡山城は、可愛川えのかわと多治比川たじひがわの合流点の北側に位置し、吉田盆地を見渡す場所に築か…

全国でもめずらしい城型の水軍資料館

昭和58年、水軍のふるさと因島に築城された、全国でもめずらしい城型の水軍資料館です。 村上水軍は南北朝から室町戦国時代にかけて、この辺りの海路を制覇し、水軍王国として活躍しました。 八幡大菩薩の旗を掲げ、朝鮮…

永禄10年(1567年)毛利元就の子、小早川隆景が新たな拠点とするため、沼田川河口の大島・小島をつな…

永禄10年(1567年)毛利元就の子、小早川隆景が新たな拠点とするため、沼田川河口の大島・小島をつないで三原城を築きました。海に浮かんでいるように見え、“浮城”とよばれ、日本で最初に海の中から立ち上げた高石垣があ…

毛利元就の三男小早川隆景は、12歳で竹原小早川の城主となりました。その後、沼田小早川を相続し二つの小…

毛利元就の三男小早川隆景は、12歳で竹原小早川の城主となりました。その後、沼田小早川を相続し二つの小早川氏をまとめました。1年後、副塁としていた沼田川対岸の砦を修築し“新高山城”を築き、約45年間本拠として使いま…

瀬戸内海沿岸航路の要港,三津・風早などの泊のあった地に築かれ,現在は畑地化しているが,郭は標高40m…

瀬戸内海沿岸航路の要港,三津・風早などの泊のあった地に築かれ,現在は畑地化しているが,郭は標高40m余の微高地を中心に南北4段を配す。風早の観音寺は城主林氏の菩提寺と伝えられ,林氏ゆかりの五輪塔数基を残す。  …

戦国時代の武将平賀氏の居城跡です。第1の居城であった御薗宇城が平地にあり、戦さに適さないため、新たに…

戦国時代の武将平賀氏の居城跡です。第1の居城であった御薗宇城が平地にあり、戦さに適さないため、新たに平賀弘保により築城されました。この城は平賀氏の領地のほぼ中央に位置し、四方を眺望でき、白市の町を眼下に見渡せるほ…

沼田小早川氏の一族の多くは、活路を海へ求めました。その一つ、浦氏の城です。交通上の要地にある海上につ…

沼田小早川氏の一族の多くは、活路を海へ求めました。その一つ、浦氏の城です。交通上の要地にある海上につき出した、標高25mの小丘の上にあります。城の北方にある勝運寺には、浦宗勝の画像や墓など、城主であった浦氏ゆかり…

西条盆地のほぼ中央、標高260~330mにある城跡は、山頂に御殿場をおき、中のダバ、下のダバ、畝状竪…

西条盆地のほぼ中央、標高260~330mにある城跡は、山頂に御殿場をおき、中のダバ、下のダバ、畝状竪堀群、井戸などの遺構が大変良好に残っている中世山城で、国の史跡に指定されています。 室町期に山口の大内氏により…

標高187メートル、中世の模範的な山城と言われています。周辺には寺跡、居館跡、石風呂跡が残っていたと…

標高187メートル、中世の模範的な山城と言われています。周辺には寺跡、居館跡、石風呂跡が残っていたと伝えられています。頂上の一の郭には城の守護神がまつられ、二の郭には井戸跡があり一の郭の南側に三の郭の遺構が残って…

標高187メートルの半島状の山地で、東側は岩伏を通って竹原市仁賀への道が、西側は蚊無や大峠を通って西…

標高187メートルの半島状の山地で、東側は岩伏を通って竹原市仁賀への道が、西側は蚊無や大峠を通って西条方面への道が伸びています。城主と伝えられる行友光叔は、小早川隆景の御近習待衆として活躍し、但馬守に任じられたと…

戦国時代の武将平賀氏の居城跡です。1523年、尼子氏の鏡山城攻略を機に平賀氏は尼子側に転じ、頭崎山に…

戦国時代の武将平賀氏の居城跡です。1523年、尼子氏の鏡山城攻略を機に平賀氏は尼子側に転じ、頭崎山に築城しました。頭崎には平賀興貞が入城、後に大内方に服した父・弘保と対立し、失地回復にのりだした大内義隆の大軍との…

広島市森林公園内の鷹の条山に、毛利元就時代の山城を再現した展望台が1997年にオープンしました。時代…

広島市森林公園内の鷹の条山に、毛利元就時代の山城を再現した展望台が1997年にオープンしました。時代考証に基づき、高さ10メートルの本丸をはじめ二の丸、三の丸、番小屋、櫓門、冠木門で構成されています。中世の山城の…

JR大野浦駅の北側、海抜265.5メートルの山頂の岩を利用した城跡で、「刀掛け」「馬のたらい」と呼ば…

JR大野浦駅の北側、海抜265.5メートルの山頂の岩を利用した城跡で、「刀掛け」「馬のたらい」と呼ばれる岩がある。 鎌倉時代末から南北朝時代にかけて、厳島社領を自衛するために設けられたのではないかと考えられてお…

県下最大の前方後円墳をはじめとする3基の古墳からなる古墳群で、国の史跡に指定されています。この前方後…

県下最大の前方後円墳をはじめとする3基の古墳からなる古墳群で、国の史跡に指定されています。この前方後円墳は、出土品や規模などから5世紀前半(412年ごろ)の築造と推定され、その被葬者は安芸の南部を中心とした首長と…

甲立盆地の西南端の山城で、宍戸朝家が建武元(1334)年に安芸守に叙せられ甲立に下向し、当初菊山麓に…

甲立盆地の西南端の山城で、宍戸朝家が建武元(1334)年に安芸守に叙せられ甲立に下向し、当初菊山麓に柳ケ城を築き入りました。後に対岸の元木山に城を移しましたが水が不足したため、五龍王を勧請して祈願したところ井戸水…

多賀谷氏は、鎌倉時代に武蔵国から伊予の地頭として移住し、南北朝期には上・下蒲刈島、倉橋島へと北上、そ…

多賀谷氏は、鎌倉時代に武蔵国から伊予の地頭として移住し、南北朝期には上・下蒲刈島、倉橋島へと北上、それらの島を領有しました。倉橋多賀谷氏は、倉橋湾を見下ろす本浦中央の丸子山に城を構え本拠とし、標高約50mの火山の…