新たな観光列車 「etSETOra(エトセトラ)」デビュー!

「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」に合わせ、2020年10月3日(土)、呉線および山陽線(宮島口~尾道駅間)を走る新しい観光列車がデビューします。
et cetera(エトセトラ)。ラテン語で「その他いろいろ。等々。…など。」という意味をもつことばになぞらえ、瀬戸内が次から次に紹介したくなる魅力に溢れていることを表現。
「えっと」は広島弁で「たくさんの」「多くの」という意味があり、この列車で「えっと」瀬戸の魅力を感じてほしいとの想いも込められています。
外観は瀬戸内の海の「青」、海岸線から見える波の「白」をイメージし、せとうちの穏やかな風景を感じさせるシックなデザインです。

※イメージのため、実際とは異なる場合がございます。

  • 1号車※イメージのため、実際とは異なる場合がございます。

    1号車※イメージのため、実際とは異なる場合がございます。

  • 2号車※イメージのため、実際とは異なる場合がございます。

    2号車※イメージのため、実際とは異なる場合がございます。

  • 1号車

    1号車

  • 1号車バーカウンター

    1号車バーカウンター

  • 2号車

    2号車

1号車の内装は、宮島の落ち着いた秋の雰囲気が表現されており、床の柄は宮島の千畳閣をイメージしています。

2号車の内装は、瀬戸内の山の新緑が表現されており、床の柄は尾道の石畳をイメージしています。
往路(上り)では、広島県内の和菓子職人やパティシエによるスイーツが楽しめます。
(要事前予約)

復路(下り)では、車内のバーカウンターで広島県産のジンを使ったオリジナルカクテルや日本酒が楽しめます。