浅野氏広島城入城 & 水野氏福山藩入封 400年

  • 広島城と福山城
    広島城と福山城
  • 広島城
    広島城
  • 福山城
    福山城
日本100名城にも選定されている広島城と福山城。2019年は浅野長晟(ながあきら)が広島城に入城して400年、水野勝成が福山藩に入封して400年という節目の年にあたります。広島市と福山市ではさまざまな記念イベントが開催されますので、ぜひお出かけください!
  • 天守閣

    天守閣

  • 二の丸

    二の丸

  • お堀

    お堀

広島藩の初代藩主 浅野長晟の入城から400年
広島城は毛利氏、福島氏、浅野氏と城主を変えながら広島藩の拠点となった城。1619年に福島氏の後に浅野長晟(ながあきら)が入城の命を受けてから、以後12代250年にわたる浅野氏の統治により広島は発展し、西日本最大の都市として栄えてきました。
浅野氏の入城から今年で400年。広島市内には今も浅野家ゆかりのスポットが点在しており、あらためて浅野家の功績にふれることができます。さまざまなイベントも開催されますのでぜひこの機会に訪ねて、歴史の息吹を体感しましょう。
  • 水野家家紋(沢瀉)入りの瓦

    水野家家紋(沢瀉)入りの瓦

  • 御湯殿

    御湯殿

  • 伏見櫓

    伏見櫓

  • 天守閣ライトアップ

    天守閣ライトアップ

水野勝成が藩主となって400年
江戸幕府は1619年、西国鎮護の拠点として徳川家康のいとこである水野勝成を配置。勝成は福山城の建設に着手し、1622年に完成しました。
今年で入封から400年、2022年には築城400年を迎えます。現在まで続く福山の町の礎を築いた水野勝成。名君として地元で名高い水野氏にまつわるスポットをめぐり、城下町 福山の歴史にふれてみませんか。