旬の味覚を楽しむ!果物別セレクション〈りんご狩り〉

りんご狩りができる農園をご紹介!【目安:9~12月】
高野町をはじめ、標高が高く寒暖差の激しい高原地域ではりんごの栽培が盛んです。収穫時期の異なる多品種を栽培している農園が多いので、長期間りんご狩りを開催しています。
赤、青、黄色、さまざまな品種を栽培しているので、日によっては10種類近くのりんごを楽しめます。アップルパイなどのりんごスイーツ作り体験もおすすめです。
「秋映」や「新世界」、「フジ」など豊富な品種を栽培しており、秋から冬にかけて長期間りんご狩りを楽しめます。自家製のジャムやジェラードもおすすめです。
「ふじ」、「シナノスイート」、「王林」などさまざまな品種を、どれも味にこだわって育てており、みずみずしい味わいが魅力です。
  • ©一般社団法人世羅町観光協会

    ©一般社団法人世羅町観光協会

  • ©一般社団法人世羅町観光協会

    ©一般社団法人世羅町観光協会

低農薬にこだわった農園で、「つがる」、「紅日」、「千秋」、「ジョナゴールド」など、冷涼な世羅高原で育った多品種のりんごを味わえます。
広島県で一番最初にできたりんご園。25品種以上のりんごを有機肥料栽培や無袋栽培で育てています。園内ではたくさんの品種を食べ放題で楽しめます。
9月上旬から11月下旬にかけて、「つがる」や「ふじ」、「シナノゴールド」など20種類以上のりんごが続々と登場します。低農薬での栽培なので、収穫した果実をそのまま丸かじりも。
化学肥料を使わず栽培されたりんごは20品種ほどで、庭先販売や食べ放題を行なっています。「紅将軍」など希少な品種が登場することも。
注目コラム
りんごの品種をご紹介!

りんごの品種をご紹介!

1つの園で10~30の多品種を栽培しています。王道は「フジ」「王林」「つがる」「シナノスイート」など。ほかにも甘みと酸味のバランスがいい「秋映」、濃厚な味わいの「千秋」などが味わえます。