〝広島生まれ〟の食や技術を体感

  • 「マツダミュージアム」は広島を代表する企業の一つマツダの見学施設。
    「マツダミュージアム」は広島を代表する企業の一つマツダの見学施設。
  • 「大和ミュージアム」は呉市を代表する観光スポットです。
    「大和ミュージアム」は呉市を代表する観光スポットです。
  • 工場見学も可能。ソースがボトルに詰められる工程から出荷までを見られます。
    工場見学も可能。ソースがボトルに詰められる工程から出荷までを見られます。
広島を訪れるのなら、広島発祥のものが生み出されている行程を見て・学べて・楽しめる工場見学に行ってみませんか。実際に作られているところを目にしたキッズたちは、色んなことに興味津々になるはずです。
  • 車ができあがっていく迫力のある様子を目にできる、組み立てライン。

    車ができあがっていく迫力のある様子を目にできる、組み立てライン。

マツダの歴史や車作りのプロセスを紹介
広い敷地にマツダのオフィス、生産工場、積出港が併設。本社ロビーからバスに乗って敷地内を走ってミュージアムへ移動します。かつての名車から次世代カーまでを見られる「歴史展示」「未来展示」や、ロータリーエンジンの技術やクルマづくりのプロセスに関する紹介をする「RE展示」「技術展示」、実際の生産ラインを上から見学することができる「U1組立ライン」など、車好きが楽しめる内容が盛りだくさん。見学無料なのも嬉しいポイントです。完全予約制なので、WEBか電話で事前に必ずご予約を。
  • 平和の大切さと科学技術の素晴らしさを後世に語り継いでいる、10分の1戦艦「大和」。

    平和の大切さと科学技術の素晴らしさを後世に語り継いでいる、10分の1戦艦「大和」。

  • 戦艦「大和」は昭和20年(1945年)4月7日、沖縄特攻作戦に向かう途上に米艦載機の攻撃を受けて沈没。しかし建造技術は生き続け、戦後日本の復興を支えました。

    戦艦「大和」は昭和20年(1945年)4月7日、沖縄特攻作戦に向かう途上に米艦載機の攻撃を受けて沈没。しかし建造技術は生き続け、戦後日本の復興を支えました。

「戦艦大和」をつくった技術を体感
10分の1スケールの戦艦大和や零式艦上戦闘機などの実物は迫力満点。1Fの「呉の歴史」展示では軍港として栄えた呉の歴史と技術、大和の辿った運命、乗組員の遺書や遺品を展示しています。3Fの「船をつくる技術」展示室では、操船シミュレーターや、波の性質を学べる実験水槽、船に関するタッチパネルクイズがあり、現在の宇宙ロケット製造技術にも引き継がれている「船をつくる科学技術」の原理を楽しく体感・体験学習できるのもポイント。サイエンスショーや工作教室などのイベントも豊富なので、事前にスケジュールチェックを。
  • ぜひ体験してほしい、大型鉄板で焼く本格的なお好み焼体験。小学5年生以上が対象。

    ぜひ体験してほしい、大型鉄板で焼く本格的なお好み焼体験。小学5年生以上が対象。

  • ホットプレートを使って行うお好み焼教室も。小学1年生以上が対象。※小学1~3年生の子ども1人つき大人1人の付き添い要

    ホットプレートを使って行うお好み焼教室も。小学1年生以上が対象。※小学1~3年生の子ども1人つき大人1人の付き添い要

  • 広島お好み焼のルーツ「一銭洋食」についてなど歴史を深く紹介しているので、ここに来ればお好み焼博士になれそう!

    広島お好み焼のルーツ「一銭洋食」についてなど歴史を深く紹介しているので、ここに来ればお好み焼博士になれそう!

  • 次々とソースが出来上がっていく光景は圧巻!

    次々とソースが出来上がっていく光景は圧巻!

  • 2階「おこのミュージアム」では1959年頃のお好み焼店を再現しています。

    2階「おこのミュージアム」では1959年頃のお好み焼店を再現しています。

  • 本社工場のすぐそば、目を引く外観が目印。

    本社工場のすぐそば、目を引く外観が目印。

大人も子どもも楽しめる!お好み焼教室や工場見学
卵のように丸い建物の中には、昭和30年代の光景を再現した「おこのミュージアム」があります。「一銭洋食」と呼ばれた頃のその理由や調理方法をはじめ、お好み焼の歴史的な豆知識をふんだんに教えてもらえます。料理体験のできる「お好み焼教室」、ソースをボトルに詰められる様子を見られる「工場見学」の後は、出来立ての温かいソースをお土産にゲットできるのも魅力!