広島つけ麺

  • 「広島つけ麺」は弾力ある麺と辛いつけダレが相性抜群
    「広島つけ麺」は弾力ある麺と辛いつけダレが相性抜群
  • つけダレの辛さは自分好みにアレンジしよう!
    つけダレの辛さは自分好みにアレンジしよう!
  • 茹でキャベツなど野菜たっぷりでヘルシー
    茹でキャベツなど野菜たっぷりでヘルシー
辛いつけダレと冷たい麺が特徴の「広島つけ麺」。たっぷりのゴマとラー油が入ったタレは“うま辛”の味。自分好みに辛さを調整することができます。
  • 広島つけ麺

    広島つけ麺

冷たい麺と辛いつけだれが特徴!
茹でた麺を氷水で冷まし、細切りのネギ、ゆでキャベツなどと一緒に激辛のつけだれに付けて食べるのが「広島つけ麺」です。つけだれは醤油ベースに唐辛子・ラー油・酢・ごまなどが入った辛口(激辛)が基本。辛さの中に瀬戸内海の小魚などの海の幸を使った、だしの旨み、甘みが感じられます。麺の上にはチャーシューのほかに、キャベツなどボリューム満点の茹で野菜や、きゅうり、ネギ、ゆで卵をトッピング。シャキシャキの野菜と辛いタレが絶妙にマッチします。お店によっては、辛みの目安表があるので、好きな辛さを選べます。辛いのが少し苦手な方も、ぜひチャレンジしてみて。
  • 調味料を加えて自分好みの辛さにしよう

    調味料を加えて自分好みの辛さにしよう

唐辛子、ゴマ、ラー油、酢などを自由に足してOK
店内の卓上には、唐辛子、ゴマ、ラー油、酢などが入った容器が並べられていて、自由に調味料を足すことができます。辛さが足りない人は自分好みの味にアレンジが可能。その辛さによって食欲が促進され、野菜をたっぷり取れる低カロリーなヘルシーグルメとしても注目されています。一度食べればクセになること間違いなしのおいしさです。
  • 麺にはコシがありのど越し抜群

    麺にはコシがありのど越し抜群

昭和60年頃から「つけ麺」専門店が登場
昭和29年に中国でヒントを得た新宮さんが広島市内に中華料理店「新華園」を開業。当時、この店で出されていた「冷麺」が人気でした。今も引き継がれる一味唐辛子、ごま油、酢を混ぜた、辛くて冷たいダシに麺をつけて食べる「冷麺」が現在の「広島つけ麺」の原形と言われています。その後、昭和60年頃から「つけ麺」と名付けられ専門店が登場しはじめます。平成13年あたりから、芸能人の発言がきっかけで全国的に有名になり「広島つけ麺」ブームが始まりました。
立ち寄りたいお店はココ!
広島市内で食べられる「広島つけ麺」の有名店を紹介します。
「廣島つけ麺本舗 ばくだん屋」 
つけ麺文化を発信している老舗店。魚介ベースの特製和風だしに秘伝の辛味ダレが中太ストレート麺にマッチします。
「冷めん家」 
チャーシューと新鮮な野菜がたっぷりのるつけ麺。他のお店に比べてストレートに辛いタレのため、初めての方は“普通”がおすすめです。
「つけ麺本舗 辛部」 
存在感のある玉子麺に香りと旨みのあるだしが絶妙に絡んで美味しい。モチモチとした食感が特徴的です。