どれもお好み焼!まだまだある広島県の“〇〇焼”

  • 備後府中焼き、呉焼き…、お気に入りのご当地お好み焼がきっと見つかるはず。
    備後府中焼き、呉焼き…、お気に入りのご当地お好み焼がきっと見つかるはず。
広島県内には肉玉そばをベースとするお好み焼のほかに、ミンチを入れたり、砂ずりを入れたり、はたまたご飯を入れたりと、地域によって異なるさまざまなご当地“○○焼”があります。
外はカリッ、中はフワッとした食感がクセになるお好み焼
府中市で提供されている、豚バラの代わりに牛や豚のミンチ、キャベツ、そばを使ったお好み焼。中はフワッと、外はミンチの脂でカリッとした焼き上がりが特徴です。
呉独特のお好み焼
軍港で船を作る職工が休憩時間に手早く食べられるよう、呉名物の細うどんを使って生地を二つ折りにした半円形が特徴。呉市で提供されています。
店ごとに使用する食材が異なるなど個性が際立つ庄原焼き
シンプルな肉玉のお好み焼をベースに、麺の代わりに庄原産のお米、お好みソースの代わりにポン酢で仕上げています。庄原市で提供されています。
砂肝の食感も楽しめます
砂肝(砂ズリ)とイカ天が入っていることが特徴の、尾道市で提供されているお好み焼です。ソースにもこだわり、オリジナルのものを使っている店が多く見られます。
酒粕や日本酒が使われているのは酒どころならでは
『竹鶴酒造』などを有する酒どころ・竹原市で提供されています。酒粕や日本酒を生地に練り込み、焼き上げられたお好み焼です。
  • 養鶏が盛んだったため、お好み焼に鶏モツが入るようになったのではと考えられています。

    養鶏が盛んだったため、お好み焼に鶏モツが入るようになったのではと考えられています。

  • 三原市では、麺入りのお好み焼のことを「モダン焼き」と呼ぶのが特徴です。

    三原市では、麺入りのお好み焼のことを「モダン焼き」と呼ぶのが特徴です。

鶏モツが入ったお好み焼
三原市で提供されており、鶏モツが入っていて麺を使っていないものが三原焼きです。そばまたはうどんが入ると「モダン焼き」と呼ばれます。
辛さがクセになるお好み焼
三次市に本社を置く『毛利醸造』の一般販売されていないカープソース辛口と、同じく三次市『江草製麺』の唐辛子を練り込んだ唐麺を使ったお好み焼です。
町の特産品のひとつトマトが入る
世羅町で育った真っ赤なトマトの酸味と大葉の香り、チーズのコクが相性抜群な一枚です。世羅町で提供されています。
納豆が苦手な人も食べられるよう工夫されている
熊野町で誕生、提供されているお好み焼。卵・納豆・山芋などを使った、ふわふわの食感が楽しめる一枚です。
造船業の栄えた因島で独自に発展したお好み焼
尾道市の因島で提供されているお好み焼です。うどん入りが主流で、麺をカツオ節とソースで炒め、コンニャク・のしイカ・かまぼこ・ちくわを入れる店が多くあります。