地域ごとの違いを楽しむ!広島の多彩なお好み焼

  • 出来たてアツアツがやっぱり美味しい!
    出来たてアツアツがやっぱり美味しい!
  • 目の前の鉄板で次々と焼かれていきます。
    目の前の鉄板で次々と焼かれていきます。
  • ベーシックな一枚のほか、広島県にはご当地お好み焼がたくさん!
    ベーシックな一枚のほか、広島県にはご当地お好み焼がたくさん!
広島人のソウルフード・お好み焼。ひと言で“お好み焼”といっても、実は県内各地には地域ごとに独自の進化や発展を遂げたお好み焼が存在します。オーソドックスなものから個性溢れるものまで、広島県内の多彩な“○○焼”をご紹介します。
  • 重ねて焼くため、仕上がりの厚みをウリにした一枚を提供する店もあり。

    重ねて焼くため、仕上がりの厚みをウリにした一枚を提供する店もあり。

  • お好み焼をヘラでカットした時の、具材の層にも注目!

    お好み焼をヘラでカットした時の、具材の層にも注目!

生地やキャベツなどの野菜、肉、卵を重ねて焼く“重ね焼”が主流。
広島のお好み焼は、生地やキャベツなどの野菜、肉、卵などを重ねて焼いていく“重ね焼”が主流です。それに中華そばやうどんといった麺が重ねられることが多く、一番シンプルなオーダーは「肉玉そば」。焼く途中で、一番上側になった生地がフタの役割をして、キャベツを蒸します。これが美味しさの秘密です。重ねて焼いているため、カットすると食材が層のようになっています。そのため、ヘラは上から垂直に入れて切ると上手に食べられます。ソースは、オタフクソースやカープソースなど、各店ごとにごひいきのものを使い分けたり、独自の工夫を加えたりしています。キャベツに肉、卵、そして麺が加わり、ボリューム&栄養バランスともに良く、これだけで食事として成り立ちます。
具材は生地の中に混ぜ込んで焼くのが関西風
大阪のお好み焼は、細かく切ったキャベツなどの具材を生地に入れて混ぜて焼く“混ぜ焼き”が主流。それに麺が入ると「モダン焼」と呼ばれることがあります。焼き方はもちろん、食材の切り方や味付けなども広島と大阪とでは全く異なるので、ひと言で「お好み焼」とはいえ、出来上がりは全く異なるものに!
  • 多くの広島人は、何軒かお気に入りのお好み焼き店を見つけています。

    多くの広島人は、何軒かお気に入りのお好み焼き店を見つけています。

  • ソースをたっぷりと乗せて提供。お好みで追加もOKです。

    ソースをたっぷりと乗せて提供。お好みで追加もOKです。

広島のお好み焼店では、シンプルに「お好み焼」と注文すべし!
お好み焼がソウルフード(人口10000人あたりの店舗数は全国NO.1!)である広島人にとっては、お好み焼とは昔から食べ親しんできた“重ね焼”のこと。大阪と比較して「“広島”焼」「“広島風”お好み焼」と呼ばれることに違和感を覚える人もいます。そのため、広島のお好み焼店では、シンプルに「お好み焼」と注文すべし!そして、カウンターの鉄板や鉄板皿で食べる時には“ヘラ”で(“コテ”ではないことも重要!)。ヘラの使い方はお店のスタッフへ気軽に尋ねてみてください。
ワンフロアの中に多くのお好み焼店が集合!
広島には、多くのお好み焼店がビルの中に集合した“お好み焼の総合施設”とも言えるスポットがあります。そのいくつかを紹介します。
お気に入りのご当地お好み焼がきっと見つかるはず
広島県内には肉玉そばをベースとするお好み焼のほかに、ミンチを入れたり、砂ずりを入れたり、はたまたご飯を入れたりと、地域によって異なる様々なご当地“○○焼”があります。