福山(鞆の浦)の鯛

  • 鯛めし
    鯛めし
  • 鯛しばり網漁法
    鯛しばり網漁法
今も伝統漁法「鯛網漁」が伝わる福山(鞆の浦)。5月からはじまる「鯛網漁」の時期には、船の上から迫力ある漁の様子を間近で見学できます。名物の鯛めしはぜひ味わってほしい地元の絶品グルメです。
  • 鯛料理

    鯛料理

  • 鯛のお刺身

    鯛のお刺身

新鮮な鯛料理に舌鼓!
瀬戸内では昔から良質の真鯛が多く生息し、鯛漁が盛んに行われてきました。福山・鞆の浦に浮かぶ仙酔島では、毎年初夏になると迫力満点のイベント「福山・鞆の浦観光鯛網」を開催。「鯛しばり網漁法」は鞆の浦に約380年伝わる伝統漁法で、観光客は船から観覧できます。周辺には鯛めし、鯛茶漬けなど、鯛料理を扱うお店がたくさん揃っており、鞆の浦の名物となっています。
贅沢な食事に大満足!
定番の鯛めし、鯛茶漬けのほかに、鯛塩ラーメンや鯛そうめんなどの鯛料理を紹介。名物の鯛料理が食べられるお店を紹介します。
「活魚料理 鯛めし 千とせ」 
鞆の浦の絶景を眺めながら「鯛めし」が味わえる郷土料理店。名物「鯛そうめん」は絶品です。                    福山市鞆町鞆552-7 TEL:084-982-3165
 
「御舟宿いろは」 
古い町家を宮崎駿監督のデザイン画を元に改装した旅館。地元の旬の食材を使った料理が味わえます。                  福山市鞆町鞆670  TEL:084-982-1920
 
「鞆の浦魚処 鯛亭」 
お造りやお漬物などがついた、豪華な「鯛めしデラックス」は食べ応え満点!贅沢な「鯛茶漬」もオススメのひとつです。                  福山市鞆町鞆550-4 TEL.:084-982-0481
 
  • 「鯛しばり網漁法」の様子

    「鯛しばり網漁法」の様子

  • 地引網を使った伝統的な漁法

    地引網を使った伝統的な漁法

江戸時代から続く伝統漁法
約380年前の江戸時代に始まったといわれる「鯛しばり網漁法」。冬の間に外洋で育った鯛は、初夏になると産卵のために穏やかな波で知られる瀬戸内海に集まります。その鯛を地元の網元が一網打尽にしようとしたのが鯛網の始まり。それまでの地引網や建て網による鯛漁の代わりに考えられた漁法です。現在は福山市の無形民俗文化財に指定されています。
  • 船上から「鯛網漁」を見学

    船上から「鯛網漁」を見学

  • 近くで「鯛網漁」を見学することができます

    近くで「鯛網漁」を見学することができます

  • 漁師たちによる活気溢れる鯛漁は見ごたえがあります

    漁師たちによる活気溢れる鯛漁は見ごたえがあります

「網引体験」もできます!
5月初旬から中旬にかけて鯛漁の期間には船上から「鯛網漁」を見学することができます。伝統漁法で魚を囲い、網にかかった魚を引き上げる様子を見ますが、希望者は実際に網を引く手伝い「網引体験」ができます。