広島の各地から!瀬戸内の島々へアクセス

便利な航路をチェックして、アイランドホッピング
うさぎ島で有名な「大久野島」、重要伝統的建造物群保存地区の御手洗の町並が広がる「大崎下島」など、瀬戸内海には魅力的な島々がたくさん。それに比例して、島々を結ぶ航路もいろいろ。知っておくべき航路をチェックして、アイランドホッピングへ出発!
さまざまな島を巡って瀬戸内を満喫!
瀬戸内海には魅力的な島々がたくさんあります。島々を結ぶ航路もいろいろあり、フェリーや高速船などが多数運航。観光に役立つ航路をチェックして、アイランドホッピングを楽しんでみませんか。
  • ラビットアイランドとして世界中から注目を集める

    ラビットアイランドとして世界中から注目を集める

  • かわいいうさぎがお出迎え

    かわいいうさぎがお出迎え

【18】ラビットライン <三原⇔大久野島/定期運航>
約900羽の野うさぎが生息する大久野島へは、竹原市にある最寄り港「忠海港」を利用するのが一般的ですが、広島空港や新幹線発着駅を有する三原市「三原港」からもアクセスできます。土・日曜、祝日のみの運航で、約30分で大久野島へ到着。港では、かわいいうさぎがお出迎え。島は周囲4.3kmと小さく、徒歩観光が可能です。
  • とびしま海道「岡村島」にある岡村港

    とびしま海道「岡村島」にある岡村港

  • 岡村島の海

    岡村島の海

  • しまなみ海道「大三島」に建つ大山祇神社

    しまなみ海道「大三島」に建つ大山祇神社

【19】大三島ブルーライン <大三島(愛媛県)⇔岡村島(愛媛県)/定期運航> 
島々を橋が結ぶ絶景ルート「しまなみ海道」と「安芸灘とびしま海道」。しまなみ海道「大三島」と、安芸灘とびしま海道「岡村島」を結ぶ航路で、車や自転車も搭載可能。この航路を利用することで、広島が誇る2つの海道を、ドライブやサイクリングでめぐることができますよ。 
  • 忠海港 フェリーチケット売り場

    忠海港 フェリーチケット売り場

  • 大三島~大久野島~忠海を結ぶ大三島フェリー

    大三島~大久野島~忠海を結ぶ大三島フェリー

  • 船でしか行けないうさぎの島「大久野島」

    船でしか行けないうさぎの島「大久野島」

【20】大三島フェリー <大三島(愛媛県)⇔大久野島⇔忠海港/定期運航>
しまなみ海道の「大三島」、うさぎ島の「大久野島」、大久野島への玄関口「忠海港」を結ぶ定期航路で、車や自転車も搭載できます。大三島と大久野島の移動時間は約15分。大久野島には観光の拠点となる国民宿舎「休暇村大久野島」があるので、1泊するのもおすすめです。 
  • 竹原市内から近い竹原港からの出航

    竹原市内から近い竹原港からの出航

  • 港に隣接する「たけはら海の駅」でチケットを購入する

    港に隣接する「たけはら海の駅」でチケットを購入する

  • ぜひ立ち寄ってみたい「たけはら町並み保存地区」

    ぜひ立ち寄ってみたい「たけはら町並み保存地区」

【21】うさぎの想い出 <竹原港⇔大久野島/定期運航> 
竹原港とうさぎの島「大久野島」を結ぶ航路。約25分のショートクルーズが楽しめます。大久野島へは忠海港を利用するのが一般的ですが、竹原市内から近い竹原港を利用して、安芸の小京都と呼ばれる「たけはら町並み保存地区(竹原市重要伝統的建造物群保存地区)」とセットで楽しんでみるのもおすすめです。
※火曜日・水曜日は運休です。
  • 大崎下島・御手洗地区と瀬戸の島々

    大崎下島・御手洗地区と瀬戸の島々

  • 昔ながらの風情が残る木江の町並み

    昔ながらの風情が残る木江の町並み

  • 竹原には風情ある竹原町並保存地区が残る

    竹原には風情ある竹原町並保存地区が残る

【22】土庄商船 <大崎下島⇔大崎上島⇔竹原/定期運航>
安芸灘とびしま海道「大崎下島」と、瀬戸内海の真ん中に浮かぶ離島「大崎上島」、大崎上島の玄関口の「竹原港」を結ぶ航路。大崎上島では5つの港に寄港し、そのうちのひとつ「木江港(天満港)」から徒歩すぐの場所に、木造建築が残るかつての港町「木江の町並み」があります。1日7便が運航し、所要約45分。
  • 大崎上島 神峰山からの眺め

    大崎上島 神峰山からの眺め

  • モビリティに乗って大崎上島をめぐろう

    モビリティに乗って大崎上島をめぐろう

  • 1894年築、今も現役の中の鼻灯台

    1894年築、今も現役の中の鼻灯台

【23】山陽商船 <大崎上島⇔竹原/定期運航>
竹原港と大崎上島を1日32便、所要20~30分で結ぶ航路。「22」の航路と違いは、大崎上島の発着港。似た航路でも発着港が違う場合もあるので、港の場所まで事前確認するのが、瀬戸内海の船旅の攻略ポイントです。この航路では大崎上島の「垂水港」と「白水港」に交互に寄港し、それぞれの港の周辺で観光移動用の電気自動車「モビリティ」がレンタルできます。
  • 瀬戸田港

    瀬戸田港

  • SNSで話題の耕三寺博物館「未来心の丘」

    SNSで話題の耕三寺博物館「未来心の丘」

  • 瀬戸田港の近くにはレンタサイクルポートもある

    瀬戸田港の近くにはレンタサイクルポートもある

【24】土庄商船 <三原⇔生口島/定期運航>
しまなみ海道「生口島」と三原を結ぶ航路で、自転車の搭載も可能です。1日12便あり、所要約30分。生口島の瀬戸田港からは徒歩10分圏内に耕三寺博物館や飲食店などが集まり、島観光を気軽に楽しめますよ。
注目コラム
定期航路を下船せず乗ったまま往復する「のっとこクルーズ」

定期航路を下船せず乗ったまま往復する「のっとこクルーズ」

気軽に瀬戸内クルーズ!

尾道港、三原港、須波港、忠海港、竹原港、安芸津港を出港する定期便。下船せず、乗ったまま往復することで、クルージング感覚で楽しんでもらおうというサービスが「のっとこクルーズ」です。各航路によって運航状況が異なるので、事前に確認を。