知っておきたい!サンフレッチェ広島豆知識

  • 1992年創設のサンフレッチェ広島。チーム名やチームカラーの由来は気になるところ。【写真提供:サンフレッチェ広島】
    1992年創設のサンフレッチェ広島。チーム名やチームカラーの由来は気になるところ。【写真提供:サンフレッチェ広島】
スタジアムへ応援に行く前に、まずは基礎知識をおさらいしましょう。 チーム名についてやマスコットキャラについてなど、知れば思わず誰かに教えたくなるサンフレッチェ豆知識は必見です。
  • クラブエンブレムは王者として君臨する姿勢を表現した「王冠」、「三本の矢」と「盾」で強固な攻撃と守備を表し、クラブを支えるサポーターを「つた」で表現しています。【写真提供:サンフレッチェ広島】

    クラブエンブレムは王者として君臨する姿勢を表現した「王冠」、「三本の矢」と「盾」で強固な攻撃と守備を表し、クラブを支えるサポーターを「つた」で表現しています。【写真提供:サンフレッチェ広島】

「折れない強いチームを作る」という思いが込められたチーム名
チーム名の由来は、広島に縁深い戦国武将・毛利元就の「三本の矢」の故事にちなみ、「折れない強いチームを作る」という思いが込められたもの。日本語の「三」とイタリア語の「フレッチェ(矢)」を合わせて作られた造語です。「広島県民市民・行政・財界」の三位一体の力に支えられていることを示し、チームスポーツの基幹をなす「技術・戦術・体力」の3つの要素、そして選手に必要とされる「心・技・体」の三原則にも繋がっています。クラブエンブレムにも3つの矢が中心に描かれています。
  • 【写真提供:サンフレッチェ広島】

    【写真提供:サンフレッチェ広島】

チームカラーの紫で埋め尽くされる試合当日のスタジアムは圧巻
実は、創立当初は青になる予定だったチームカラーですが、広島サッカー界の名門である広島一中(現・国泰寺高校)のチームカラーにあやかり紫に注目。聖徳太子の冠位十二階で最上位を象徴し高貴なイメージがあること、さらにはナイトゲームで最も映える色ということが調査で判明したため、チームカラーを紫に決定しました。
  • 〝ゆとりグマ〟として大人気のサンチェ。ツイッターの面白さやフレッチェとの関係などその動向から目が離せません!【写真提供:サンフレッチェ広島】

    〝ゆとりグマ〟として大人気のサンチェ。ツイッターの面白さやフレッチェとの関係などその動向から目が離せません!【写真提供:サンフレッチェ広島】

  • 2014年2月に整形。自らツイッター「せいけい」を告白し、「クリニックえらびがだいじ」と呟き話題に。【写真提供:サンフレッチェ広島】

    2014年2月に整形。自らツイッター「せいけい」を告白し、「クリニックえらびがだいじ」と呟き話題に。【写真提供:サンフレッチェ広島】

  • 選手たちにも愛されているサンチェ。得意技はゲートフラッグ作りなのだとか。【写真提供:サンフレッチェ広島】

    選手たちにも愛されているサンチェ。得意技はゲートフラッグ作りなのだとか。【写真提供:サンフレッチェ広島】

Jリーグファンのなかでも話題のクラブマスコット
クラブマスコットは、中国山地に生息するツキノワグマがモチーフ。男の子の「サンチェ」のネーミングは、サポーターへの感謝の気持ちを込めて英語の〝サンキュー〟、イタリア語の〝グラッチェ〟にちなみ、チーム名を短縮したものです。2000年には彼女の「フレッチェ」が登場しましたが、現在はただのお友達に降格中。恋のライバルMFの野津田岳人選手(現清水エスパルス・2017年)が在籍していた頃には、ヤキモチを焼いたサンチェが2人の邪魔をすることも。面白いと評判のツイッターや、2015年の「Jリーグマスコット大賞」の総選挙中に〝整形〟をするなど、様々な話題を振りまき、その人気は急上昇中。2017年「Jリーグマスコット総選挙」で1位となり、2015年以来2年ぶり2度目の王座を奪還しました。