エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
検索する
  • 2017年10月
           
  • 2017年11月
         
       
  • 2017年12月
             
               
  • 2018年1月
     
         
  • 2018年2月
           
         
  • 2018年3月
           
  • 2018年4月
             
  • 2018年5月
       
       
  • 2018年6月
             
  • 2018年7月
           
  • 2018年8月
         
     
  • 2018年9月
               
               

三次人形窯元(華園窯)

みよしにんぎょうかまもと(はなぞのがま)

県内で唯一の人形窯元である華園窯。この窯元で創り出されている三次人形は、寛永の昔(1633年ごろ)、…

県内で唯一の人形窯元である華園窯。この窯元で創り出されている三次人形は、寛永の昔(1633年ごろ)、三次藩主浅野長治が、江戸浅草の人形師をつれ帰り、家臣が一子をもうけるたびに祝物としてこの土人形を贈ったのがはじまりと言われています。その後研究改良が続けられ、別名「光人形」と呼ばれる独特の艶をもった美しい気品ある人形となりました。この窯元では、美しい色あいを出す工夫として、ニカワの彩色への配慮のため、絵付けは厳冬期にのみ行なわれています。お子様へのお土産として最適の一品です。

基本情報

住所 〒728-0014 広島県三次市十日市南4丁目12-7
電話番号 0824-63-7502
営業時間 9時00分~17時00分
定休日/休業日 日曜、祝日
アクセス 車  中国道三次ICから約5分 
公共 JR芸備線三次駅から徒歩15分
駐車場 5台(大型バス可)
備考 三次人形の絵付作業が4月上旬まで人形窯元でご覧いただけます。
三次人形窯元(丸本氏)

周辺観光情報

ここに近いお好み焼店

ここに近い道の駅

ここに近い宿泊施設