エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
検索する
  • 2021年3月
     
         
  • 2021年4月
           
     
  • 2021年5月
               
             
  • 2021年6月
       
         
  • 2021年7月
           
  • 2021年8月
           
  • 2021年9月
         
       
  • 2021年10月
             
               
  • 2021年11月
     
           
  • 2021年12月
         
     
  • 2022年1月
               
             
  • 2022年2月
       
             
  • 2022年3月
       
       
  • 2022年4月
             
  • 2022年5月
           

毛利元就の墓

もうりもとなりのはか

戦国武将、毛利元就が眠る

元亀元年(1571年)、元就は75歳で生涯を閉じました。3年後、孫の輝元(てるもと)によって菩提寺、洞春寺(とうしゅんじ)が建立され、境内に墓が建てられました。その後、代々の毛利氏によって修理・管理が行われ、浅野氏による石玉垣や石燈龍の寄進を受け今に至っています。

墓所は上下二段に分かれており、下段には明治期に作られた毛利氏歴代の墓所、上段に元就の墓所と百万一心碑があります。元就の墓所はさらに前域・後域に分かれており、前域には寄進を受けた燈龍が並び、後域に元就の遺灰が埋葬されている墓があります。

墓標として植えられたという「ハリイブキ」は、今は枯れています。文政十二(1829)年に漢学者の頼山陽(らいさんよう)が元就墓所を訪れた際につくった長編の詩「吉田駅詩(よしだえきし)」には、この時すでに枯れていることが記されています。

毛利元就の葬儀が執り行われた新暦の7月16日には、毎年墓前祭が行われています。

基本情報

住所 〒731-0501 広島県安芸高田市吉田町吉田
電話番号 0826-47-4024
アクセス 車 中国自動車道高田ICから約10分
公共 広島バスセンターからバス約1時間20分安芸高田市役所前下車、徒歩10分
ウェブサイト 安芸高田市歴史民俗博物館
備考 【毛利公墓前祭】
元就は1571年6月14日(旧暦)に75歳で亡くなりました。
墓前祭は、元就の命日に当たる新暦の7月16日に毎年行われています。
いつもは、柵の外側からしかの見学できませんが、この日だけは中に入ることができ貴重な体験が出来ます。

周辺観光情報

ここに行くモデルコース

ここに近いおすすめの宿泊施設

ここに近いお好み焼店

ここに近い道の駅