エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
検索する
  • 2021年12月
         
     
  • 2022年1月
               
             
  • 2022年2月
       
             
  • 2022年3月
       
       
  • 2022年4月
             
  • 2022年5月
           
  • 2022年6月
         
       
  • 2022年7月
             
               
  • 2022年8月
     
         
  • 2022年9月
           
     
  • 2022年10月
               
             
  • 2022年11月
       
         
  • 2022年12月
           
  • 2023年1月
           
  • 2023年2月
         
           

多治比猿掛城跡

たじひさるかけじょうあと

毛利元就が青年期を過ごした城跡

多治比猿掛城は、明応9(1500)年、当時4歳の元就が父・弘元の隠居に伴い郡山城から移り住んだ城です。その後、元就が27歳で本家を相続して郡山城にもどるまでの23年間をこの城で過ごしました。

美土里方面と土師方面からの道の合流点を見下ろす山上にあり、本丸からは郡山城も望め、毛利氏にとっては郡山城の西の備えでした。特に北側は強大な勢力を誇った高橋氏の勢力圏であったため、ここが単なる隠居所ではなく、境目の重要拠点であったと考えられます。
城の痕跡はよく残っており、特に本丸の南側にある巨大な堀切は必見。登山道が整備されていますが、急坂もあり注意が必要です。

山麓には、毛利弘元夫妻の墓や元就を育てた杉大方の墓があります。

基本情報

住所 〒731-0544 広島県安芸高田市吉田町多治比
電話番号 0826-47-4024
アクセス 車  中国自動車道高田ICから約10分
公共 広島バスセンターからバス約1時間20分安芸高田市役所前下
  車、タクシー15分
駐車場 20台
ウェブサイト 安芸高田市観光ナビ(多治比猿掛城跡)
備考 安芸高田市商工観光課

周辺観光情報

ここに近いおすすめの宿泊施設

ここに近いお好み焼店

ここに近い道の駅