エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
検索する
  • 2019年7月
     
         
  • 2019年8月
           
  • 2019年9月
             
  • 2019年10月
       
       
  • 2019年11月
             
  • 2019年12月
           
  • 2020年1月
         
     
  • 2020年2月
               
  • 2020年3月
           
  • 2020年4月
         
       
  • 2020年5月
             
               
  • 2020年6月
     
           

久井稲生神社

くいいなりじんじゃ

久井稲生神社は、伏見稲荷大社の分霊としては最も古いものです。戦国時代に勇気と知略で西国を統一した毛利…

久井稲生神社は、伏見稲荷大社の分霊としては最も古いものです。戦国時代に勇気と知略で西国を統一した毛利元就は、神仏への崇敬の念も厚く、弘治3年(1575年)に本殿を造営し、3年後の永録3年(1560年)には、元就の三男小早川隆景によって、社殿が造営されました。三原城主であった小早川隆景は、天正13年(1585年)に、稲生神社に「紙本墨書大般若教六百巻」を奉納しています。その後「紙本墨書大般若教六百巻」は、県の重要文化財の指定を受け、今も神社に大切に保管されています。

基本情報

住所 〒722-1304 広島県三原市久井町江木1-1
電話番号 0847-32-6029
アクセス 車 山陽自動車道三原久井ICから約15分 
公共 JR三原駅から三原・東城線(県道25号)を北上甲山行きバスで30分久井国保病院前下車徒歩5分
駐車場 100台
備考 久井稲生神社

周辺観光情報

ここに近いお好み焼店

ここに近い道の駅

ここに近いおすすめの宿泊施設