エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
検索する
  • 2021年11月
     
           
  • 2021年12月
         
     
  • 2022年1月
               
             
  • 2022年2月
       
             
  • 2022年3月
       
       
  • 2022年4月
             
  • 2022年5月
           
  • 2022年6月
         
       
  • 2022年7月
             
               
  • 2022年8月
     
         
  • 2022年9月
           
     
  • 2022年10月
               
             
  • 2022年11月
       
         
  • 2022年12月
           
  • 2023年1月
           

宇野千代生家

うのちよせいか
  • スタッフのマスク着用の実施
    1)スタッフのマスク着用の実施 
    ・咳エチケット、マスクの着用、手洗い・手指の消毒を徹底して実施
  • スタッフの健康管理の実施
    2)スタッフの健康管理の実施
    ・毎日検温し37.5度以上は、必要に応じ医療機関の受診を促すとともに、診断結果を館内で記録
    ・発熱以外に咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛等の症状に該当する場合も自宅待機とする
  • こまめな換気の実施
    3)こまめな換気の実施
    ・2方向の窓を1回、数分間程度、毎時2回は全開にする
    ・あるいはビル管理法に基づく空調基準を満たす
  • 施設の消毒、洗浄の実施
    4)施設の消毒、洗浄の実施
    ・他者と共有する物品やドアノブなど手が触れる場所と頻度を特定し、高頻度接触部位については、消毒洗浄を徹底する
  • フィジカルディスタンスの確保
    5)フィジカルディスタンスの確保 
    ・できるだけ2mを目安に最低1mは確保
  • 飛沫防止対策(シールド等)の実施
    6)飛沫防止対策(シールド等)の実施
    ・対面販売を行う場合は、アクリル板等により購買者との間を遮蔽する
  • 感染防止対策の情報発信
    7)感染防止対策の情報発信
    ・施設HP等で、施設側が実施している感染防止対策を発信する

岩国市出身の女流作家宇野千代の生家

「おはん」や「生きて行く私」などを執筆した、岩国市出身の女流作家の「宇野 千代」の生家です。
建物の奥に広い園庭が広がっていて、宇野千代が好んだ紅葉が沢山植えられています。
庭は梅、桜、紅葉、苔で彩られる日本庭園となっており、作品「薄墨の桜」のモデルとなった、岐阜県根尾村の老樹(樹齢1,400年)に由来する桜も植えられています。
新緑や紅葉はとても美しく、季節ごとに景色を楽しむことができます。
「読書の秋」に紅葉を楽しみながら、文学に触れることができ、毎年多くの方でにぎわいます。

基本情報

住所 〒741-0082 山口県岩国市川西2-9-35
電話番号 0827-43-1693(NPO法人宇野千代生家)
営業時間 10:00~16:00
定休日/休業日 火曜日(祝日開館)
お盆、年末年始
※詳細は事務所までお問い合わせ下さい。
料金 大人 300円(団体250円)
小・中学生 100円(団体80円)
障がい者 100円(付添100円)
※団体は15名以上
アクセス 錦帯橋から徒歩約20分
JR岩徳線川西駅より徒歩約7分
駐車場 約15台
専用駐車場が少ないため、錦帯橋下河原、錦城橋下などの各駐車場をご利用ください
ウェブサイト NPO法人宇野千代生家(外部サイトへリンク)

周辺観光情報

ここに近いおすすめの宿泊施設

ここに近いお好み焼店

ここに近い道の駅