エリアを選択
カテゴリーを選択
現在地からの距離を選択
開催日を選択
所要時間を選択
検索する
現在の検索条件:
  • フラワー×
  • 2019年8月
           
  • 2019年9月
             
  • 2019年10月
       
       
  • 2019年11月
             
  • 2019年12月
           
  • 2020年1月
         
     
  • 2020年2月
               
  • 2020年3月
           
  • 2020年4月
         
       
  • 2020年5月
             
               
  • 2020年6月
     
           
  • 2020年7月
         
     
  • 2020年8月
               
             
  • 2020年9月
       
         
  • 2020年10月
           
195ありました

世羅高原農場では、季節折々の花畑をお楽しみいただけます。 春はチューリップ。 75万本に及ぶ…

世羅高原農場では、季節折々の花畑をお楽しみいただけます。 春はチューリップ。 75万本に及ぶチューリップを、畑ごとにデザインを変えて植栽しています。 中でも、花模様を描く「花絵」は圧巻のひと言です。 …

平清盛が夕日を招き返して1日で切り開いたという「日招き伝説」の伝わる名勝地。 真紅の「音戸大橋」「…

平清盛が夕日を招き返して1日で切り開いたという「日招き伝説」の伝わる名勝地。 真紅の「音戸大橋」「第二音戸大橋」が架かり、空と海の青と真紅のアーチ橋がマッチした素晴らしい景観が楽しめます。 第二音戸大橋の音戸…

山川の景、京洛の態、深山の致を庭の中に縮景

元和6年(1620)に、茶人で知られる浅野藩家老の上田宗箇により、浅野藩主の別邸として作庭されました。 中国の世界的な景勝地「西湖」を模してつくられたと伝えられている園内は、山川の景、京洛の態、深山の致を庭の中…

梨狩り、ぶどう狩りが楽しめる。防蛾灯は世羅の夏の風物詩。

標高450mに広がる45ヘクタールの園内で、幸水・豊水梨、ぶどう、すももなどを栽培しており、 世羅の恵みを受けた果実の梨狩り、ぶどう狩りが楽しめます。 山の駅販売所では、梨の直売をはじめ、世羅大豊農園で採れた…

「りんごと言えば高野」と言われるほどで、高原育ちのしまった身と酸味と甘味が混ざり合った独自の味で知ら…

「りんごと言えば高野」と言われるほどで、高原育ちのしまった身と酸味と甘味が混ざり合った独自の味で知られています。8月末のさんさ、9月のつがるなどにはじまり、11月末まで15種ぐらいのりんご狩りが楽しめます。高野り…

倉橋町の中央火山の西麓に、濃い緑の松林と白砂の海岸が続きます。かつて遣新羅使・大石蓑麻呂がここに仮泊…

倉橋町の中央火山の西麓に、濃い緑の松林と白砂の海岸が続きます。かつて遣新羅使・大石蓑麻呂がここに仮泊し、8首を詠んで「万葉集巻十五」に収めたといわれる古くからの景勝地で、歌碑「万葉集遺跡長門島之碑」も残っています…

「風になって、香りの中で、あなたに出会う」世羅高原、香山ラベンダーの丘は、まわりを緑の山々で囲まれ、…

「風になって、香りの中で、あなたに出会う」世羅高原、香山ラベンダーの丘は、まわりを緑の山々で囲まれ、季節のうつろいをハーブたちの中で体いっぱいに感じることができる、とってもナチュラルで素朴な、深呼吸のにあう観光農…

りんごと言えば高野と言われるほどで、高原育ちのしまった身と酸味と甘味がまざりあった独自の味で知られて…

りんごと言えば高野と言われるほどで、高原育ちのしまった身と酸味と甘味がまざりあった独自の味で知られています。17戸の農家がりんご園を経営しており、うち10戸の農家で9月のつがるなどにはじまり、11月まで15種ぐら…

一年を通して果物狩りが楽しめます!

広さ15ヘクタールの園内は一年を通して、梨、ぶどう、りんご、いちご、さくらんぼ、プラム、ブルーベリー、もも、西洋梨などさまざまな果物狩りが楽しめます。 また、果物狩りだけでなく、ダッチオーブンを使ったアウトドア…

中国地方で初の国営公園

全国で11番目、中国地方では初の国営公園。 園内にはインフォメーション・売店・食堂などがある「中の広場」、屋敷・茅葺農家・神楽殿・工房・田畑など中国山地のふるさと景観が再現された「ひばの里」、春から秋にかけてた…

9月上旬から10月初旬(平日は要予約)

広島県安芸高田市甲田町に梨園を構えて50数年の歴史をもつ「かしもと農園」です。 20世紀梨の栽培を行っており、親子3代にわたりその梨と向き合い培った技術と経験で毎年梨を大切に栽培しています。 より品質の高い、…

毛利元就は、中国地方をほぼ平定した元亀2(1571)年、75歳で没しました。墓標には、今は枯れていま…

毛利元就は、中国地方をほぼ平定した元亀2(1571)年、75歳で没しました。墓標には、今は枯れていますが「ハリイブキ」が植えられ、菩提寺の洞春寺が建立されました。墓前の石灯籠の中には、吉田の名医土生玄碩や広島藩主…

華やかな黄色に包まれて、夏の思い出がより鮮やかに。 毎年多くの見物客が訪れるひまわり畑は、転作田を…

華やかな黄色に包まれて、夏の思い出がより鮮やかに。 毎年多くの見物客が訪れるひまわり畑は、転作田を利用して町中に植えられたことがきっかけ。明るく華やかに君田の町を飾るひまわり畑は、夏一番の見どころ。なかでも、藤…

標高663メートル、自然に囲まれた米見山(よなみやま)山頂公園の中央に高さ26メートルの紙ヒコーキ・…

標高663メートル、自然に囲まれた米見山(よなみやま)山頂公園の中央に高さ26メートルの紙ヒコーキ・タワーがあります。このタワーの15メートル位置には展望台があり、遠くに大山や道後山、比婆山連邦なども望め、紙ヒコ…