神楽を観に行こう ~演目紹介~

演目の特徴を知るともっと神楽が楽しめる!
  • 戻り橋
    戻り橋
  • 紅葉狩
    紅葉狩
  • 八岐大蛇
    八岐大蛇
神楽の演目によってリズムや衣装の豪華さなどは違いますが、どの演目も生のお囃子と迫力ある舞で観客の心を魅了します。基本は勧善徴悪なのでストーリーも明快で分かりやすのも特徴。広島神楽で舞われている18の演目をご紹介します。
  • 儀式舞(ぎしきまい)

    儀式舞(ぎしきまい)

  • 塩祓(しおはらい)

    塩祓(しおはらい)

神楽はもともと秋の収穫に感謝して神社で舞われており、神楽の始まりには必ず神様をお迎えする「儀式舞」を行い、奉納神楽以外の各神楽団がその技を競い合う競演大会においてもその順序は守られている。
儀式舞は「神迎え(かみむかえ)」「神降ろし(かみおろし)」「塩祓(しおはらい)」とも呼ばれており、神様を迎えるため神楽の場を浄める舞で、黄泉国から帰った伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が橘の小門の阿波岐原の海水で禊ぎを行った神話に起源があり、東西南北の四方を拝むとされる。
唐の玄宗皇帝が疫神に悩んでいると聞いた鐘馗が、その疫神を退治する話。人には見えない疫神に対して、鐘馗は茅で輪を作り、その「茅の輪」を通して疫神の姿を捉え、宝剣で斬る。わずか二人の舞ではあるが、雄渾壮大。
弟・須佐之男命(すさのおのみこと)の暴虐ぶりに怒った天照大御神(あまてらすおおみかみ)は、天の岩戸にお隠れになってしまわれた。すると、高天原は暗闇となり悪行をはたらく神も出てきた。八百万の神々は天照の出現を願って岩戸の前で神楽を舞い、天照を誘い出す。そして、この世は再び明るくなり、神々は喜びの舞いを舞う。天岩戸の神話は、我が国最初の神話。六調子も八調子もあるが、最も神聖視されている演目であり、神楽のストーリーには珍しいほのぼのとハッピーな物語。
九州豊前国の宇佐八幡宮に祀られている八幡の神・誉田別命(ほんだわけのみこと=応神天皇)が、異国から飛来した"第六天の魔王"と称する悪魔王に立ち向かい、桑の弓(神通の弓)、オモの矢(方便の矢)を持って、従者・門丸とその悪魔王を退治する物語。八幡の神のご威徳を讃える神楽。
美保神社に詣でた人が、宮人を呼び出して、美保神社の縁起を聞く。宮人は、当社の大神の名は事代主命(ことしろぬしのみこと)といい、大国主命(おおくにぬしのみこと)の御子であると答え、その業績を述べる。事代主命は、父の命を助けてこの国を治め、人々に釣りや商いの道を教えた。父が大黒となった後には、自らも美保の宮にこもって恵比寿の神となった。そして、今でも、波風穏やかな日は、磯辺に出現して釣りをなさると語る。すると、参詣人の目の前に恵比寿の神が現れた。漁業の神、祝賀式などめでたい席でよく舞われる。恵比寿のキャラクターを象徴した愉快で滑稽な舞いが大人気。
注目コラム
めでたい神楽として有名

めでたい神楽として有名

愉快で滑稽な舞いが人気で心の和む演目。最近では落成式や結婚式等でも広く舞われています。

右大臣菅原道真は、左大臣藤原時平の讒言によって、築紫大宰府に左遷される。しかし、道真は、賊臣をこのままにしておけば、国家の安泰はおぼつかないと考え、雷神となり、時平を懲らしめようとする。悪心をおこした時平は道真を迎え撃つが、ついには倒されてしまう。没後、道真の霊は神に祀られて、"天神"と崇められるようになり、北野天満宮、太宰府天満宮など、全国各地に天満宮が勧請された。
仲哀天皇の御代に異国より大軍が攻めてきた。その時、"塵倫"という、翼を持ち自由自在に空を飛び回る大悪鬼もやって来た。天皇はその塵倫を、供の高丸と共に自ら"天の鹿児弓"(あめのかごゆみ)と"天の羽々矢"(あまのはばや)の威徳をもって、退治する。塵倫の面は、神楽面の中では最大級で、かつ顎が突き出ていて不気味。また、神楽団によっては複数出現させる演出もある。そして、塵倫が雲の上を飛翔する演出も、飛行自在を示す動作で、見もの。
源頼光が病気で寝込んでいると、侍女の胡蝶がやって来て、典薬頭から貰ったという薬湯をすすめる。頼光がその薬湯を飲むと、さらに具合が悪くなり倒れてしまう。実は、胡蝶は葛城山に棲む土蜘蛛で、怨みをいだく頼光を毒殺しようとしたのだ。その夜、胡蝶は、土蜘蛛の本性を現し、頼光に襲いかかる。しかし、頼光は銘剣・膝切丸をふるって土蜘蛛に一太刀浴びせると、土蜘蛛はあっという間に退散。騒ぎに駆けつけた四天王の坂田金時と卜部季武は、土蜘蛛の血痕をたよりに葛城山にたどり着き、土蜘蛛を発見。激しく戦い、ついに土蜘蛛をやっつける。土蜘蛛のおどろおどろしい面や衣装が人気の演目。
注目コラム
おすすめ!

おすすめ!

「土蜘蛛」とも称されるポピュラーな演目

土蜘蛛(つちぐも)をやっつける早いテンポの舞いが見どころです。

源頼光が、四天王を引き連れて大江山に棲む鬼・酒呑童子を退治する物語。四天王とは、渡辺綱・坂田金時・碓氷貞道・卜部季武の4人。一行は、神から神酒を授けられた後、酒呑童子が家来の鬼どもと酒盛りをしている座に加わる。そこで、神酒を飲ませ、神酒の功徳で力を失った鬼どもを一網打尽に退治してしまう。この演目は登場人物が多く、それぞれが名乗りを上げ、それぞれの舞いを見せ、最後には入り乱れて戦うシーンが見どころ。
注目コラム
おすすめ!

おすすめ!

戦うシーンが迫力満点

登場人物が多く見ごたえがあり、人気の高い演目です。

日向の国高千穂を治めていた若御毛沼命(わかみぬけのみこと)は、大和の国へ行くことにし、先ずは紀ノ国熊野へと赴く。上陸してすぐに化熊に襲われたが、その難を退け、ようやく大和の国へとたどり着く。しかし、そこでは長髄彦(ながすねひこ)との戦いになり、命は金鵄の助けで勝利する。その後、命は、畝火山のふもと橿原の地を都と定め、神倭磐余彦命(かみやまといわれのみこと)―すなわち、神武天皇と名を改め、日本国を建国した。この演目は、明治 16年頃に千代田町壬生の神楽団の求めに応じて井上頼寿氏が創作した記録が残っており、広島県が生んだオリジナルの演目として知られている。
(1) 東国平定に旅立った日本武尊は、途中、駿河の国で小鬼の兄ぎし、弟ぎしに謀られ、八方より火をかけられて絶体絶命のピンチに。しかし、伯母の大和姫より授かった宝剣・天叢雲剣で草を薙ぎ払い(よって"草薙の剣"と改名)、守り袋の火打ち石で小鬼どもを退治した。
(2) 景行天皇の御代、筑紫の国で権勢を誇り、大和朝廷に背いていた川上武を征伐するために、第二皇子・倭男具那命(やまとおぐなのみこと)は下向する。命は女装して武に近づき、酒宴の機を見て武を討ち取る。武は、「命は日本一の武勇者である。よって、これからは我が名を一字奉り"日本武尊"と名乗るように。」と、進言して絶命した。
『日本武尊』のストーリーは、このように古事記からの出典である(1)<東夷征伐>と(2)<熊襲征伐>の2つが存在する。
大江山に住む鬼、酒呑童子の配下である茨木童子は、老女に化けて夜な夜な平安京の羅生門・戻り橋辺りに出没し、人々に災いをかける。そこで、源頼光は"四天王"と呼ばれる家来のひとり、渡辺綱に茨木童子の征伐を命じる。ところが、茨木童子は妖術を巧みに使い、酒呑童子を召還。渡辺綱の一命が危うくなる。すると、石清水八幡のご神徳を授かり、坂田金時が登場。二人が茨木童子の左腕を切り落とすと、童子らは大江山へと逃げ帰って行った。実は、この演目も長編『大江山』の前編にあたる部分で、物語は、その後、『羅生門』『大江山』と続いていく。
父・平将門を藤原秀郷、平貞盛に殺された滝夜叉姫は、父の無念を晴らそうと貴船神社に祈願した。すると、不思議な妖術を授かり、鬼女に変貌を遂げ、そして、手下を集め、たちまち世間のお騒がせ者に。そこで、大宅の光圀が勅命のもと、陰陽師・阿倍晴明の力を借り、最後には姫を成敗する。この演目での姫の面は、鬼女面の中でも最も恐ろしい形相の物。姫の怨みが込められた哀しい物語でもある。
鎮守府将軍・平維茂が従者と共に戸隠山に差し掛かれば、美しい女性たちが紅葉狩りの酒宴を開いているのに出会う。維茂はそこを通り過ぎようとすると、女性たちは巧みに酒をすすめて、維茂は酔い伏してしまう。すると、夢の中に八幡大菩薩が現れ、神剣を授ける。本性を現した女性たちが鬼女となって襲いかかってくるが、維茂は神剣で見事鬼女たちを退治する。
祐慶法師が従者の剛力を伴い諸国修行の途中、悪狐(鬼女)が住むという安達原黒塚にて、ある家に宿を求める。ところが、その家の女主人こそが悪狐(鬼女)。剛力は食われてしまうが、法師は命からがら逃げる。やがて、朝廷の命を受けて、弓の名人、三浦介・上総介が悪狐(悪女)を退治する。
誰もが知っている代表格の神楽演目。悪行により天上を追われた須佐之男命(すさのおのみこと)は、放浪の旅の途中、出雲の国にて八岐大蛇の災難に嘆き悲しむ老夫婦とその娘・櫛稲田姫(くしいなだひめ)に出会う。理由を聞くと、川上に"八岐大蛇"という大蛇が棲み、老夫婦の8人の娘が毎年1人ずつ喰われ、今年は最後に残った櫛稲田姫の番となったと語る。そこで、命は、一計を案じ、毒酒で大蛇を酔わせて最後には討ち取る。その時、大蛇の尾から宝剣・天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)が出てきて、命はそれを天照大御神に献上する。最大8匹の大蛇が登場する迫力満点の演目。
注目コラム
初心者向け!

初心者向け!

誰もが知っている代表格の神楽演目

巨大な大蛇と須佐之男命との迫力ある立ち合いに注目です。