広島神楽早わかり

そもそも神楽って?神楽の起源や広島神楽の歴史をご紹介します。
華やかな衣装を着て表情豊かな神楽面をつけた人たちが太鼓や笛、拍子のお囃子で舞う神楽。五穀豊穣を祈って氏神様に奉納される神事として執り行われてきましたが、今日では催事や祝い事に欠かせない郷土芸能として、人々に楽しまれています。
  • 神楽の始まりだといわれている天岩戸の神話

    神楽の始まりだといわれている天岩戸の神話

日本神話の神様にささげる歌や踊り
神楽はかつては日本全国で盛んに行われていた我が国最古の芸能。その起源は一説によると、日本神話(古事記及び日本書紀)の中の「天岩戸(あまいわと)伝説」にまでさかのぼり、天岩戸と呼ばれる洞窟にお隠れになった天照大御神(あまてらすおおみかみ)を誘い出すために、天鈿女命(あまのうずめのみこと)が岩戸の前で舞った舞(まい)がはじまりだといわれています。
語源は諸説ありますが、神を迎える神聖な場所「神座(かむくら)」からきており、神座に神様を迎え、その前で行われる鎮魂・五穀豊穣・厄災の払拭、豊作への御礼のための歌舞を「神楽」と呼ぶようになったといわれています。日本各地の風土や文化を背景にさまざまな地域に伝承され、その土地の氏神様に奉納される神事として執り行われてきました。今日では神社の祭事にとどまらず、催事や祝い事に欠かせない郷土芸能として人々に親しまれています。
さまざまな地方の流れが融合し今に伝わる
広島の神楽は、いにしえから現代まで古い形を守り石見地方の神社で舞われてきた大元神楽の流れを基に、出雲神楽や九州の岩戸神楽を始めとしたさまざまな地方の流れが融合したもの。現在、広島県内の神楽は、「芸北神楽」「安芸十二神祇」「芸予諸島の神楽」「比婆荒神神楽」「備後神楽」の大きく5つの神楽に分けられていますが、なかでも芸北神楽は、石見神楽を元として、江戸時代に広島県山県郡芸北方面へ伝わったといわれており、時代の流れに沿って進化しながら独特の神楽として展開してきました。八調子でテンポが速く勇壮な舞いの高田神楽と、六調子でテンポがゆるやかで静かな優雅な舞いの山県神楽に伝承され、今でも農村では、秋の稲刈りを終えた時期に、収穫を感謝してあちこちの神社の中にある神楽殿(かぐらでん)で神楽が舞われています。また最近では、落成式や結婚式の余興、神楽大会などによって広く一般にも好評を得て、神楽ブームを呼び起こしています。