神楽の魅力を知ろう

日本の伝統芸能「神楽」を気軽に楽しんでみませんか。
全国有数の神楽どころとして知られている広島県。県内には300近い神楽団が活動しており、公演も盛んに開催されています。華麗で躍動感あふれる舞はもちろん、豪華絢爛な神楽の衣装、そして囃子方の太鼓や笛等、ここでしか味わえない感動体験が待っています!
神楽の起源や広島神楽の歴史をご紹介
現在も日本各地で受け継がれる伝統芸能「神楽」。その発祥にはさまざまな説がありますが、神座に神様を迎え、その前で行われる鎮魂・五穀豊穣・厄災の払拭、豊作への御礼のための歌舞を「神楽」と呼ぶようになったと言われています。広島の神楽も、村々の年中行事の社祭礼の奉納行事として定着してきました。そもそも神楽とは?神楽の起源や、広島神楽の歴史に触れてみましょう。
演目の特徴を知るともっと神楽が楽しめる!
豪華絢爛な衣装、そしてお囃子に合わせて繰り広げられる華麗な舞は観ているだけで十分に楽しめますが、登場人物やストーリーがわかっていれば、もっともっと楽しめること間違いなし!まずは演目の種類や特徴をチェックして、神楽鑑賞に出かけましょう。
  • 新春高宮子ども神楽発表大会

    新春高宮子ども神楽発表大会

大人からこどもまで楽しめるエンターテイメント!
県内には300近い神楽団が活動しており公演が盛んに行われています。祭祀の一つとして発生し、豊作・豊漁を願い、病気を追いはらう儀式としても古くから舞われてきた広島神楽ですが、昨今では、神事としての役割を大切にしながら、大人からこどもまで楽しめるエンターテイメント性の高い舞台が人気を集めています。子ども神楽も盛んで、伝統芸能の素晴らしさが受け継がれています。